スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【信長の野望Online】やる夫の戦国幻想物語 第一話

1 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 00:31:53 ID:H4mBVcC60

   /ヽ, -‐―‐ん9ヌ)  
  / /      、a乂)   
  l /  / / / ヽ丶 ヽく}      【やる夫の戦国幻想物語】
  l l  / _j\_ _/_ム_> |(  
  l | |'´! ---  -- l | |`ヽ 
  l | l |"  、_,  ル | |       原作:信長の野望Online 
  l | l |ト _  _ イ ノ.| |    
  l |ヽ⌒ <.o>ヽ. | |          
  l |.〈_〉 _/∧ヽ_)〉| |  
 ノ__| | |>  ̄ ̄〈 | ヽ_ゝ  


                  ◇!!注意!!◇


・ベースは戦国時代ですが、これは歴史物ではありません。

 元々の原作ゲームが時代背景を無視しているうえに、
 
 この物語では、武将の性別、血縁、史実などガン無視です。

 又、作者は信Onと花の慶次くらいでしか戦国時代を知りません。

 大河ドラマすらろくに見たことありません。武士にたいする認識もかなりいい加減です。

 全てファンタジーの世界の中だけのことだと、解釈して頂ければ幸いです。


・やる夫スレ初心者です。


・キャラ崩壊及び、『信長の野望Online』の原作設定にも、かなり改変があります。


にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
8 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:00:34 ID:H4mBVcC60

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....    :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.      :.武士の世がはじまり400年:::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:. かつて天下を治めた室町幕府の権威は地におちていた
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .


9 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:01:10 ID:H4mBVcC60

   ┃                              ┃ ┃
 ┏━━ ┃                         ┃ ┃
      ┃                 ━━━━  ┛ ┛
      ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`

           父の跡目を兄弟が争い、主君の権力を家臣が奪う。

                 戦国時代のはじまりである。


10 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:01:44 ID:H4mBVcC60

         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U                             〈:::/ \/
                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ        
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ        
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=      
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ 
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) /
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ  
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|     
 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ     
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //     
    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /     
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // /
_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:''   _,..:'  /   /  //  / /    /  /
    _,..:-‐'"      _,..:''   _,..:'         /             /
            
   領国を平定した戦国大名の野心は隣国へ、更には京の都へと向けられていた。
   いつ終わるとも知れぬ戦乱の世に、民草は疲れ果てていた。


11 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:02:20 ID:H4mBVcC60

  ::::゙i::::::::::::ミ-'''゙⌒゛''‐‐::::::::-、,,_:::::::゙i:::゙i:::::::::゙i       |;:.;./.;;;;ノ.;;;;;;;;;:;:;-‐=ニ二,/.,.,.:;:;:;:.:.:.:.;./.,r‐一';;..:i  
  :::::::::::;::::::::::::::i:::::::__:::::::::::::::::::::::::゙i!、;:::::::::j::j      _'!;;;〉'";;;;;;;;;;;:;:;:;;:-‐-‐一'二ニ=-‐''"´7゙''ー-、,,:,:j..,} j
  :::::::゙i:::゙i::::::::::;ッ´:;:;::::;;;;;;;゛'''''''''''''''r;::::::゙i::゙i::::i゙i::l      !;j;;;;;;;;;;;;;:;:;::/-ニ=/;;;:;:;r‐'´:;:;:;:;:;/:.:.:....,.,. ノ..;!  '
  ::::::::::゙i:::\::::::ッ;;;;;;;;;;;_、 -----r;;;゙i;゙i:::::::゙i::V::l:|      '!';;;;;r'´;;;;;;/''"´゙゙'/ー-=ニ'/´,.-',.‐‐‐- 、;./. ;;i,  _
  :::::::::::i;゙i::::\::::シ;ブ゙       ' ,'r;;;i:゙'r:::::}::l:::|::|      i;;;;/;;:'",/,.-'"´`゙'ヾ、;ニ二=シ"/,.-‐‐-、`ヾ;:;:.:.:;:{, 
  :::::::::::!V\::::\::::゙i;;゛'-、 ○  'r;;|:i::}::::i:;l::!::::j      ';;;.:;;'.:;;:/,.-'"二゙'ヾ、;;;::.:. .:.:;;;;' ,ir'o;;;;:;:;:}! |!:;:;;;;:;;i,  
  ::::::::::::|i:、l:::\:::::\::\;;\,__  ...::!;;;;jJ::::{:(,:::(,::゙i       !;;;;;:.;;i'  ,r'o;;;;゙ヽ, ヾ;;;;;;:;:;:;;;i, ヾ;:;::::::;シ ノ:;:;:;.. .;ヽ  
  :::::::::::|;i゙`<;r_::\:::::゙';:::::\;;;;;゛'‐-.,゙i;;゙i゙i!、;:!、;:::゙i:l       '!;;;;;;|  {;;;;;:;:;::::::}! |!;;;;:;:....;:;ゝ、_` ̄´_/;;;;;;;.: .:.;:;|i,  
  ::::::::::!i!、イ,r'l゙Y゙r:\::::::::::::::::゛'ヽ,_;;;;;;;;;゙i\゙i:゙i:::::l::j       i;;;;;;ヽ ヾ,_____ノ ,ノ;;;/   ヾ;:.` ̄´.:.;:;:;:;:;:.:._,./;;ハ  
  ::::::::!;iミクV:!ッiY‐vニr\::::::::::::::::::::::゛''r;;;;;}:゙i::::\:::゙i,      !;;;;;:;:;:ヽ_______/;;;く -、 r‐ }:.:.:.:.:.i.:.:.:__;,.-'";;/.;;;ヽ  
  :::::::::::::::::゙i:j,,,r'|,,r'|、i゙‐r__ ゛''-.,,_:::::::::::::::::::::`:::::::::::::::゙i       'i;;;;;;;;;;;`ー---‐'":.:.`゙';:;:;:;:;:;:;'_____ノ-‐'Nッ'":.;/ j.;;;;;;ヽ  
  ::::::::::::::::::::::ク'`,l,r'、イV、レi゙'v:r__、ニ '-、,___:::::::::::::::::::::::::゙i     'i;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.:.:.:./_,.-一'"Vv Nゝ//.:.:.;:;:;:;/;;;;;;;;;;ヽ 
  ::::::::::::::::::::::::::'\;`,r',|イ `!,r'|ハ;l、|、イ´〉v‐v=vニ'-、,,_::::::゙i     |;;;`゙'ー-=ニ二VN V   lヽ∧∧/,;,/;:;:;:;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;::  
  :::::::::::::::::::::::::::::::::'\j,r'イ、イ,r'!イ '´'`iイ,r'|,r'|,r'l 、;| ,l,,r'゙`\     'i;:;:;ヾ;;;;;;:;`゙'ヽ、`゙''ー--r‐r一'´,,;,;,/.:.:./;;;;:;:.;;./;;;;;;;:;:;;゙i
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'\y゙、 j,r'イ,|イ!,r'`!,r'!,r' !,,r'          '!;:;:;:;ヾ;;;:;:;:;ヾ`゙'ー---┴┴'"´;:;/:./;:;/.;;;.;/;i;:;:;;;;;;;; `
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄゛゛''==──´           'i;:;:.;;;;;;i;;;;;.;;;;;`゙'ー-、,,,,,i,,,,i......./´:;:;:.:/;;;;;;/.;;;l;:;:;;;;;;;  
                                       ヾ;ヽ;;;ヽ;;;.;;;;/;;;;;;;;;i.;;:;:;:/;;;;/;:;:;:;;:;:;/.;;;;/;:.;;;|.;;;;;;;;; 
                                         \;;;;;ヽ;/;:;::;:;;;/;:;:;:.:.:.:./.:.:.:;:;:;.:.:;:;/:;:;:;;;;;/.:;:;./;;; 
                                          \;;/.;:;:;:;;;;.:;;:;:;:;;;;;;;;{.:;;;;;;;;;;:;/;}.;;;;;;;:{.;:;:;:.{.:;;; 

                                                                                                    
更には乱世の影響か、はたまた何者かの意思か…

それまでは闇に潜んでいた魔獣や魑魅魍魎が、我が物顔で跳梁跋扈しはじめたのである。

しかし、天下への野心を持つ各勢力は、愚かにも人間同士の争いを止めようとはせず、
闇の者への対応は後手後手にまわり、民の犠牲は増えるばかりであった。


12 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:03:45 ID:H4mBVcC60


・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
     これは、そんな混沌とした時代に生きる 一人の若者の物語である
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

.   .    ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  やる夫は農民の子なんだお
  |     (__人__)      |
  \     ` ⌒´    /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも三男だから、将来は自分の田畑すら持てずに、
  |     (__人__)    |  にーちゃん達にこき使われるだけの人生なんだお
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから大名家に仕官して武士になるお!
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /


13 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:05:23 ID:H4mBVcC60

  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人:::::::ヽ
 (:::::::::/ \    / \:::::::)  こら、やる夫!
 \:/  (●)  (●) \ノ  バカなこと言ってないで、いい加減働きなさい!
   |     (__人__)    |   
   \    ` ⌒´    /   お前って子は、もう何年も家から出てないじゃないの!
   /          /    
   \       (__ノ     まったく、働かないで食べるご飯はそんなにうまいかい!?



                             ____
                            /― ― \
かーちゃん やる夫は本気だお       /(●)  (●) \
                         /   (__人__)     \
                         |    ` ⌒´      |
                         \           /
                          /         \
                          |   ・    ・     )
                          |  |         /  /
                          |   |       /  / |
                          |  |      /  /  |
                         (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                         (___ノ-'-('___)_ノ


14 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:07:18 ID:H4mBVcC60
   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   何言ってんだい。
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ   ろくに体を動かさないで、毎日食っちゃ寝してる
 (:::::::::/   _ノ   ヽ_\:::::::)    だけのお前が、武士になんてなれるもんかい。
 \:/     (●)  (●)\ノ  
.   |       (__人__)   ,|   仮になれたとしても、
   \      `⌒´  /    一生足軽としてコキ使われるんだよ。
    /         ヽ    



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、     確かに、今までならそうだったお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\    武士社会でも、結局は家柄が全て。
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /    農民上がりの下級武士じゃ、どんなに手柄を
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   立てたところで、足軽大将が関の山だったお
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


15 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:08:23 ID:H4mBVcC60

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  でも、かーちゃん
 |    (●)  (●) |  時代は変わったんだお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



..      ____
     / ―  -\   長く続く戦乱だけじゃなく、
.  . /  (●)  (●)   魔物や妖怪まで多数跋扈する今の世じゃ、
  /     (__人__) \  殆どの大名家が能力重視主義に転向しているお。
  |       ` ⌒´   |  この山城国を治める足利将軍家でさえ、
.  \           /   氏素性も分からない多数の武士を召抱えているんだお。
.   ノ         \   
 /´            ヽ  今の世じゃ力さえあれば、農民上がりですら奉行や家老になれるんだお!
                   農民から織田家重臣にまで成り上がった、あの羽柴秀吉のように。



         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   だから、やる夫も武士になるお!
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/   そして出世して知行を貰って城を建て、
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃  大奥を作って日本中の美女を集めてハーレム作るお!
     |            `l ̄     (今まで苦労をかけた、とーちゃん、
.     .|          |        かーちゃん、にーちゃん達を贅沢させてやるお!)


16 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:09:43 ID:H4mBVcC60
   |     | ____    \    <この
   |  _ /      \  __\
   |/ <_  ─    ─\__> `ヽ
   | ヽ__[ )●)  (●(コ__/ |   ?
    | ヽ___[ ) (__人__)(コ___/ |
   ヽ ヽ__[ ) ` ⌒´  (コ__/ /
      `ー―'       ./`ー―'
.        ̄ ̄l  l ̄ ̄ ̄
          丿 !


        ____
       /      \ _   /  三 ニ =―
    /)─   ―___> `ヽ/      三 ニ =―     <バカ息子!
    (])(●)  ( (コ__〉__> ヽ   /=―
   (])  (__人__)(コ__〉__>  〉/   ニ =―
    (])   ` ⌒´ (コ__〉__> ,.'  三 ニ =―
     \      `――'―'"      三 ニ =―
        ̄>ニ/ ̄ ̄ ゴキッ!
          丿 ! `☆















     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,
               --―---- `''ー 、
                         `ヽ 、      <かーちゃんにすら勝てないくせに何言ってんだい!
      /            二二、       `':.、   
      /            | {::::`ヽ\       ` 、   <いつまでも夢みたいなこと言ってないで、
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、
        /´          ヽ `ー' /             |  <たまには、とーちゃん達を手伝ってきな!
    /-、ヽ        三 ." ̄            |
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |  
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /
    | |    ;;; (      / `''"/       /
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /
    | |  ″        | |       `ー-/
    | |            | |       /


17 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:10:23 ID:H4mBVcC60

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃


18 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:11:42 ID:H4mBVcC60
>>17の前にこれが入ります




  \ ,,_人、ノヽ    ダッ!!
   )ヽ    (
- <       >─  ____
   )     て     /ノ   ヽ、_\
  /^⌒`Y´^\ \/ ( ○)}liil{(○)
   _/ / ヽ   /     (__人__) \  いやだお!
  〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / | 
       /  .\     i⌒ェェ|   /  やる夫は武士になるんだお!
      ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
  .__   r  /     |/ー、\   \   
 ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
   .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
   .i /  //  ./
   .ヽ、_./ ./  /
       ./ /
     .ノ.^/
     |_/



     γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            やる夫!
  γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
  (:::::::::/  ノ     ヽ、\::::::: .. r ⌒j
  \:/    (○)}liil{(○) \ノ /   /       待ちなさい!やる夫ー!!
     |     (__人__)    | /   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)














  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ   やる夫…
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)   武士になんかなれなくてもいい
\:/ / ⌒)   ⌒゚o  \ノ     生きて…生きて帰ってくるんだよ。
 |  /  /(__人__)      |
 \/  /   ` ⌒´     /


19 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:13:52 ID:H4mBVcC60

            【山城の国 街道沿いの茶店】

\\\\。\\ヾ~~;;;;;;)\\\\\\\\\\\\\(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, (;;,,ヽ;;;...
========================;,,ヽ;;;.(_;;::,, (;;,,ヽ;;;..._
|__||__||__||__||__||__||__||__||__|(;;,,ヽ;;;... (_;;::,, (;;,,ヽ;;;...
  ,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |     (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, (;;,,ヽ;;;...
   ̄ミヽ::::::::::::::::::: ィュy―ヽ      _ィュ_::::::::::::::::| |        | ;;;|(;;,,ヽヽ;;|;;;|
(´・ω・`)      (__/゛⌒ヽ)   /  ミY     :::| |        | ;;;|  |;;;| |;;;|
  y/ヽ      ヽc ‘ー‘)  o (´<_,` 6    | |  ,l⌒_   | ;;;|  |;;;| |;;;|
 ̄ ̄ ̄.|;;;;;;  旦 (_|O二|_.|つ| (_|Z[__) 旦 ; ;;|  ̄>' 7 7 `ヽ7 ;;;|  |;;;| |;;;|
ニニニ| |===.|ニニニソ ⌒⌒)ニニ(//ハヽソニニ|= | |〈_,ィ≧ヘ"≦イ」 グーヾ,,,|;;,|,,ノ;;;;|,ィjiw
,, 0-0| |、,,、,,|__|,,,,,,,'-o-oイ,,、,,,,,,└o‐‐o┘,,,,|__|,,, | |,;;;Иlll jコ リ/>yyywWwW,,wW
"゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛`7丱 !''ヽ〉゛""゛゛゛゛""゛゛゛゛



     .  ____
     /ノ  ヽ_\
   /( ―)  (―)\     ふー、思わず家を飛び出して来ちまったけど   
  /::::::  .(__人__)  :::::\    これからどうするかお…          
  |     |r┬ |  u   |
  \γ⌒_ξ)'   _ /
   ( ^ノ  ̄     ヽ
  _ _ __
 γξ)ξ)ξ) ノ
 ー―――――’


20 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:14:34 ID:H4mBVcC60
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   って、どうするもこうするもねーお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   やる夫は武士になるために家出してきたんだから…
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \   ふむ
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   とりあえず京に行ってみるかお?
(  \ / _ノ |  |     生まれ故郷の山城国を治めてる足利家に仕官できるなら、
.\ “  /__|  |      それに越したことはねーお。
  \ /___ /


21 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:15:19 ID:H4mBVcC60
     ____
   /      \    でも、もしダメだったらどうするお?
  /         \
/           \  こんなこともあろうかと、
|     \   ,_   |   路銀用にこつこつ貯めてきたけど、
/  u  ∩ノ ⊃―)/    とても色んな国をまわる余裕はねーお。
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |    せいぜい隣国の近江か、摂津和泉への片道分くらいだお。
  \ /___ /   
                 もし足利家で仕官できなくて、更に次もダメだったら…



     ____
   /⌒  ⌒\       まあでも、そんな心配は無用だお!
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \    やる夫程の逸材を、幕府再興を悲願とする
|     |r┬-|     |     将軍家がほっとくわけねーお!
/     `ー'´      ∩ノ ⊃ 
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /



               ∩_
              〈〈〈 ヽ 
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   そうと決まったら、これ以上ごちゃごちゃ考えても
   /( ●)  (●)\  !   !    しゃーねーお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   店員さーん 追加注文頼むお!
  \     ` ー'´     //   
  / __        /                  <はーい ただいまー
  (___)      /


22 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:16:06 ID:H4mBVcC60
       ___
      /     \  お ありがとうだお
    /   ⌒  ⌒\                   <お待ちどうさまでーす
   /   ( ⌒)  (⌒)\                    
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i                         コト
   ヽ、    `ー '   /                _,.、   , -.、
     /     ┌─┐               /´ ゚゙`ヽ./ ´゚。ヽ.
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ              /´____゚ ヽ___ 。ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿           _/ ゚|;;;;;;;;;;;| . :゙!;;;;;;;|: .゚ ゙.___
     ヽ、___   ヽ ヽ        ,ゝ "´ _t .|;;;;;;;;;;;| ゚. :l;;;;;;;|_,ィ.┴.、- 、` 、
     と_____ノ_ノ        '、 (    `ー―‐‐―‐‐'"7.´_,)=' '__ ノ , '
                       `ヽ、_  ` ー―――‐‐`´―‐ ¨_,. '



               。
            。 O     ____ー、
          ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \  ゚   
          -  ・。 /;゚ ⌒  ⌒ @\。
        ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●)  .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o     ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\     ∠  ハ ッ j
          ー = ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。   ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ      ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。   …ん?
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,               l  l          <ジーーーーーーーーー
  ^⌒~^⌒^~⌒^               ヽ=ノ


23 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:16:42 ID:H4mBVcC60
       ___                                    _  i⌒ヽ
      /     \                                    >'-‐─- 、__
    /  一'  `ー\                                 /  / /   ゙iゝ
   /   ( ○)  (○)\                                、_メ--+ヘ"ヽ二/!i
   i       (__人__)   i                                 | |==    ==ェ!iI …
   ヽ、    |r┬-|  /                                 レ.!lll ┌┐ リ」
     /    `ー'´  く                         じーーーー.    `t-'=,'‐i"∧ヘ
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ                             /</TV''| \〉.>
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '                   
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o                  
                    ` ー‐┘‐- ´。


24 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:17:16 ID:H4mBVcC60
        ____
      /      \
     /ノ  \   u \ !?
   / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
   \ u.` ⌒´      /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



        ____
      /      \!??
     /   u   ノ   \
   /      u (●)  \
    |         (__人__)|
   \    u   .` ⌒/
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



     ____
   /      \
  /       \  なんか 見られてるお・・・
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/                              /⌒ヽ
(  \ / _ノ |  |                             _ |   __
.\ “  /__|  |                            ´  >´ ̄      `ヽ _
  \ /___ /                            /   / /      \ |
                                           │ | , |  ト、_  ,ヽi>
                                       ヽ_メ ー┼‐ヘ´ \ヽ  ̄/ |、
                                         | | 三三   三三≠ │|
                                         | |│||        | i /_」
                                         | ,ヘ    厂 ̄}  | ,ヘ_j
                                         レ  ヽ、 __ ̄ ̄__/|./\\
                                             //丁|, | '\\\>
                                            /、|/ヽ/  |   ヽ/


25 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:18:00 ID:H4mBVcC60
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \  頼む 目の錯覚であってくれ
    | ∪    (__人__)  J | 
     \  u   `⌒´   / 
    ノ            \ 
  /´                 
 |    l                



         ____
       /   u \
      /  \    ─\    チラッ
    /  し (>)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J | 
     \  u   `⌒´   / 
    ノ            \ 
  /´                 
 |    l


26 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:18:25 ID:H4mBVcC60
                                   /  ̄ \
           ____              .        /
       /::::::::::::::::\                   /
      /::::::─三三─\                 |       _____
    /:::::::: ( ○)三(○)\            __ |   ー  ̄            ̄ \
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |          /   二 \               \ ___
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .        ′ ,/                        \  |
    ノ::::::::::::  `ー'´    \          /      /    /    |           ヽ\ |
  /::::::::::::::::::::                     /       /    |    |   |        |  ヽ\
 |::::::::::::::::: l                             |    | / |   | ` ー | __」__  ∨ 〉
                               `ー┼―― ' 「    \   \   ヽ   |   ∨
                           ヽ=- |   |       ヽ.      \       /    ト、
                              |   | ―― 二==ニ三    三三ニニ=     ||
                              |   | ニ三三三二==      ニ三三三三.    ||
                              |   |  ||||             |   |  /i |
                              |   |  ||||             |   |. /T¨
                              |   |           ___      |   |/ |
                              |  ∧       /     ]!     |  ,ハー┘
                              |  /  \      ´ ̄ ̄ ̄ ̄    /|  ハ \
                              | ./     ‐-   ____   イ \.| ∧ \ \
                              |/        / / /| |     |  |ハ \   ̄
                                      / / / |  |. /    |   \ \
                                     /  |_/  \j人     |      \/
                                    /\      /  У  |


27 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:19:06 ID:H4mBVcC60
            ____
          :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \       な…なんですかお?
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /     何かやる夫に用ですかお?
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
        |        /
        |         /    


                                ,. -- -- 、    _____
                            /    __ _ X>'´        `丶. __ _
                     えっ?!/    ∠ ..               `ヽ `ヽ
                          /    /               し'     Vハ
                     .        /  /                   }iメ}
                             / /    /   /          ヽ   Vハ!
                             レ'|     /  / / ヽ \  __ \   _i   }メト.
                             |     i  /! /   \ ヽ  >-< ヽ  /K 〉
                             |     /__/_|/ __ ij  \j´r== = .、` V il |
                             i   /i / r=== 、     `====''    |  l |
                             ',.  / レ1  `==='         """  |  i |
                               V   |i|  """       _      /!  l.|
                         /        |i{     r-- -‐‐ ' \  /lル|  ハ!
                        /         |iト‐┬‐‐‐ヘ    ___ _X__ メ、| / リ
                         ̄ ̄ /        |l|  l|      ̄ ̄lH>ー'.ノ \_〉'
                          /        从ノル'       (ノ|  ̄     〉
                          ー‐‐┐               |____ _.メJ
                               |  /             し'
                               レ'


28 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:19:32 ID:H4mBVcC60
              __
           , '´ ̄ ̄ `丶、, -───‐- 、
   い、いえ    /    ,.  '"          `ヽ、
   失礼しました    / /           `ヽ  \_
               / /   / ∧     \  ヽ  \ト、
               / イ   イ / l  ト  l   l  |    l )
             /イ  フト、/   l  l\ _ト_ |   !  彡|イ
         ハッ   l/| l /ヽ l`   ヽ l '´ヽ! \ !   !  /| |
   /          | |トf-.-!    ヽ〒.-.-┬|   | /// )
  /  ヽヽ    \     ト、l !:::C       !::::::::C |   ト、ノ/く
  (__ _    <    ! T `ー'       `ー‐'´|   |` }/_ノ
           /   | l 〃"       "〃 イ  / ノT
           フ   ト、 ト、     _   u ノ/ /<`ー'
     \     ⌒j   ヽトl`丶、_ (、 ヽ_,. ..::'"l /:::::ヽ
       ヽ             / T ̄ _ト、:/イヽ::::::::',
       ',            jイ´L '´  ヽ::| L:_:::」
  き    ヽ         , ' ´/ ィ´:}   /`丶、
   ゅ   /        /   j/:::Τ:ヽ  /      ヽ
    る  └ 、      イ //::::イ |::::::ヽ/    /  ヽ
     る    |      /l /<:_:::::/! |:!:::::::::>   /     ',
      る   `l      / ィ   7:::l !:`T´    イ     l
            ヽ_  /  |  /:::::| |::::|           |
                 ヽ  `ー' └ '


29 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:20:15 ID:H4mBVcC60
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \  あー…
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /   あんた腹減ってんのかお?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                  __ ,. 、 _, 、_
        ,. -‐‐‐‐-- ァ'´>r‐ ‐‐ ‐- へへ
        ,ィア´ ̄  r‐ァ ´  ̄         `ヽー 、
     〈〈    rァ'´                \ト、
      ゝ._  , '                  、 V〉   え、ええ まあ少しだけ…
         /    , ' /             ヽ i .〉
.        /    / /  i .l ハ、   、     i 〉
       / /   ,'  i  i l .l l  li ヽ.  ヽ   l  | 〉
.      ,' //  . i,. -┼十i´| l  li `ーi -- i、  l  V〉
      | ll i  i | ,ィ== くN |   リ  ノ  ノ `  il  li
      | li l  l |〈 ir' ::i |     ,ィ= く   il  il  .!
      | ll i  l | ヽ|t--'.|     7r':::i ト、.ll  li  |
      | il l  l !  ー‐'     |t--' ノ 〉ll  li  |
      iVl l  i i          ー‐'   /li  li  |
        N  l ト、"""   '    """  / |i  il  |
         ',  i   \    _      .イ  リ  li  |
         ヽ い /i ト .    ,. ィ´ \ /  .il  |
.          〉、〈, へ   ̄   jへ  \ レ1ll リ
          〈_ハ/   \   __/  V  / レレ'レ'へ
.    ハ` ̄ ̄`´   \   / Vハ    / ̄レ'  / /  ヽ
   /  i         \/ 「 } \ /      /    ヽ


30 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:20:45 ID:H4mBVcC60
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    金は持ってないのかお?
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



      _,,-‐‐-、
     ,r",r' ̄`7ー` ̄ ̄ `ヽ、
     レ´ ,r'´'´       ''`ヽ、
      ,f,.' ,'  ,' i i ',  `、 `、
      f.,' ,i'  i  i'i ! .i,  i  .i  それが お恥ずかしながら…
      i i ,i  ,i  i .i i,  i,  .i  .!
      i ヽi、__,i,,!-i' i,ーi、,,,,i、__i  .i  城を出るときに、急いでいたので
      i  i ヽ! ヽ!  ヽ,!` 、i`、!  .!  
      i ; i`ー-‐'   `ー-‐' i ; i   持ってくるのを忘れてしまったのです。
      i ; i'、///    /// ,'i  ;.!
      i ; i>ヽ、  _   /-! ;/ 
      i, ; !ヾ,;/`iー--‐i'´ヾ;,/i ./
.      i,_i, i;;;</ `ー'7k''´'`、;i;;;レ,_
     ,r' ヽ! _>-ーi''''iー-<  f´ `、
     !   `、ヾ:.:,r'7-iヾ.:.:.`;/   i
     !    ', `i-"! !:.i`ー'/    !
     i    .', ,!:.:i  !:.:i,./     ,!
     i     .',ー'  ー`!  ,'  ,!
.     i     ',    ,'  ,.'   !
.     ヽ     .',   ,' ,.'   ,!


31 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:21:06 ID:H4mBVcC60

                         ___
                  城?  /ノ  ヽ、_ \
                      /(●) (●.) \
                    /  (__人_,)    \
                    |  l^l^ln ⌒ ´        |
                    \ヽ   L         ,/
                       ゝ  ノ
                     /   /



                   ,. -- -- 、    _____
                 /    __ _ X>'´        `丶. __ _
                /    ∠ ..               `ヽ `ヽ
               /    /               し'     Vハ
          .        /  /                   }iメ}
                 / /    /   /          ヽ   Vハ!
   あ!いえ あのその  レ'|     /  / / ヽ \  __ \   _i   }メト.
                  |     i  /! /   \ ヽ  >-< ヽ  /K 〉
                  |     /__/_|/ __ ij  \j´r== = .、` V il |
                  i   /i / r=== 、     `====''    |  l |
                  ',.  / レ1  `==='         """  |  i |
                   V   |i|  """       _      /!  l.|
              /        |i{     r-- -‐‐ ' \  /lル|  ハ!
             /         |iト‐┬‐‐‐ヘ    ___ _X__ メ、| / リ
              ̄ ̄ /        |l|  l|      ̄ ̄lH>ー'.ノ \_〉'
               /        从ノル'       (ノ|  ̄     〉
               ー‐‐┐               |____ _.メJ
                  |  /             し'
                  レ'


32 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:21:48 ID:H4mBVcC60

       ____
     /⌒  ⌒\  (ははーん さてはこの娘 お忍びで外に出た武家の姫かなんかだお
   /( ―)  (―)\  身なりもいいし、エロゲじゃお決まりなパターンだお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  となれば、ここで飯食わしてやればフラグが立つ筈だお)
  |             |
  \              /



     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /



                 , -- 、==≦  ̄`丶、_
               /  ∠ニ=X´  `ヽ  ヾヤ、   ?
              〃  /           ヽ-ツハ
             l  〃/ { { 爪、ヽ\ヾ i  l/小
               〃イ 从 !ト、\斗-+Vl  |/j|〈
              / /l {rやト、ヾ ≫==ミ|   |〃/イ
               Nハトヽf㍉    fてd1   !l)/人
                 lヽハ tj    ゞ-' l  レィ´、::\
                 | l 小  、    /  /i| i::::N:::::::ヽ
                 | | jノ| ヽ ‐   , イ  /⌒iト、ハゞレ'
.                  ノ l / l   `フ1 //´  >、:い〔
                  ノ′, zー/ィ</   /⌒\::::ヽ
                  ,イ ノ::'´::rj-ヘ::ヽ、/     Y´
                   / i ハ::/ ハ、i.::〉/ /   ..:.:i
                 j| //..:/  /.::l`ー'//    ..:.:.:.l
                 /l/ `'′ く:: :| ノ    ..:.:.:.:.:ノ
.                j |        ̄ /   .:. :.:.:./


33 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:22:28 ID:H4mBVcC60

       ____
     /      \    (よく見たら、かなりの美人だお。
    /  ─    ─\    やる夫のハーレムに相応しいお。
  /    (●)  (●) \    ちっぱいなのが残念だけど。
  |       (__人__)    |   
  \   ⊂ ヽ∩     <   まあ、どうせ最低でも10人は集めるつもりだし、
    |  |  '、_ \ /  )    でっぱいだけじゃ飽きるかお?
    |  |__\  “  /      路銀が勿体無いけど、ここはフラグを優先すべきだお)
    \ ___\_/



      __,.r;zzュ、__    ___
    ,イ / ,> '´    ` くr'´ ̄ヽ
    / ∨ヽ.,′       ヽ、   }
    ,>イ\/  ,ィ'´  / ハ  、.ヽ
    )、八/  /ナ-∠ ,イ' l l i |  ???
   \|,ゝ!  レ' ,ニヽイノ L | |!/
  / ̄{. |  | /::rj'   ,ィ^Y乂!
  ! /入! ,.l `"    tリ /{
  \lイ ,ハ |リ ‐- 、 _/ ヽ
  /_r</|/ナ≧-‐,二 |  ハ|
,///  ヽ,>‐=ニく.Y´ ̄`!} ノ ノ
 /' |    〈  ,.イ「!ヾニ.」ノ′
ヽl. |    `T゙了/Y77YiT「|_
    |     Y'| ̄l/`Y'^l | |_
   |    ,.ィ'   刄 く. 廾' |
    \ / /    ,.イ    |
     ヽ.      / {    |
      /\   / ハ\_ /


34 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:22:47 ID:H4mBVcC60
         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、   あの 良かったら一緒に食べないかお?
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,  
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t  お金ならやる夫が出すから心配しないでいいお。
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !  好きな物を好きなだけ頼んでいいお!
          .-'     `7'/ヽY´   |



                      ,. -- -- 、    _____
                  /    __ _ X>'´        `丶. __ _
                 /    ∠ ..               `ヽ `ヽ
                /    /               し'     Vハ
           .        /  /                   }iメ}
     ええっ!?       / /    /   /          ヽ   Vハ!
     よろしいのですか? レ'|     /  / / ヽ \  __ \   _i   }メト.
                   |     i  /! /   \ ヽ  >-< ヽ  /K 〉
                   |     /__/_|/ __ ij  \j´r== = .、` V il |
                   i   /i / r=== 、     `====''    |  l |
                   ',.  / レ1  `==='         """  |  i |
                     V   |i|  """       _      /!  l.|
               /        |i{     r-- -‐‐ ' \  /lル|  ハ!
              /         |iト‐┬‐‐‐ヘ    ___ _X__ メ、| / リ
               ̄ ̄ /        |l|  l|      ̄ ̄lH>ー'.ノ \_〉'
                /        从ノル'       (ノ|  ̄     〉
                ー‐‐┐               |____ _.メJ
                     |  /             し'
                     レ'


35 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:23:27 ID:H4mBVcC60

            `、:l:. ` l   ::/:   .: ..::/  .:::!.:/l ::i :. ::i :i::..i
           /::::!ヽ:..l   ::!: ..:: .:::/  .:::/.:/ ! :::l ::.:::l:. :l::::!
            ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::!
             /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!
            ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/
            >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!
           /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l   い、いえ しかし!
          /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l    お名前も存じあげない見ず知らずの方に、
          /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::!        ヽ    /:::: l l     ご迷惑をお掛けするわけには・・・
         ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l
           `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l
           l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !
           l.:,;.:,/ l;!!;/__      !ヾ、    !.! / l,!
          _,,,フ’      ̄¨¨''''‐、r'’:::::`ヽ、__l,!!/     __
    _____,,,..-‐'''´:::::`..、          /--ヽ_::::::::`、::::'’¨'''''i'''´:: :.ヽ
  /´::  :::::::::::::::::::::.  ::`..、      /:.`i:.:.:.:!:ヽ::::::::!::  ::: !:::   ::ヽ



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   やる夫の名前は やる夫だお!
   /( ●)  (●)\  !   !    ここ山城、入速村の
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     由緒正しき農民の生まれで、
  |     |r┬-|       |  /      仕官のために京を目指してる途中だお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


36 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:24:09 ID:H4mBVcC60
         ____
        /⌒  ⌒\         ほれ自己紹介もしたし これでもう見ず知らずじゃねーお!
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)    
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    ま 奢りが気が引けるってんなら
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\    今度会った時にでも何かの形で返してくれればいいお!
  (___     `ー'´   ____ )    (できればエッチなお礼がいいお!)
       |        /       
       |       /           あ 店員さーん お団子追加とお茶も頼むお!
         |   r  /
       ヽ  ヽ/           
        >__ノ;:::......                                     <はーい ただいまー
                         ほら、あんたも注文するお!           
                         



              ヽ>l: :`:、: : :l: : : : : :l : : / /: : ://: : / / .l  l ! l l
            /l :ト、: : : ̄l : : : : : !//: //7: :,:イ /  !  ! ! l !
            7:yl: :`y‐-;l: : : : : :l,r‐'''7''‐-.、:// //  l   ,l l  li l  
            l ヽ,ト/,r' `>!: : : : : !` 、i⊃:::: /ヽ  レ'   l  /l  l /レ
             `i/`l ヽ、_!.l : : : : :l  `ー--'      ,r_レ'、,! /'レ'
               >-ヽ、__`l: : : : : :l            /)::/,! レ'
             /:.:.:.:.:/、__,l : : :i: : l          i<_,/, /
              /:.:.;,;,;/;,;l! .! : : :!: !    、    _,>  / l   …では お言葉に甘えてさせて頂きます。
           /:.:.:,;,;/;,;,/!  l: : : :!: !     `ー--    /l i l     このご恩は、後日必ずお返しいたしますので。
            /:.:,;,;,;/;,;./,!  l:i : : !: !         ,/ : :l l l
          /:.:,;,;,;,;,;,;,:/,!    !l: : :l : ト、     _, ''´ ! : : : :l .l !   私の名は セイバーとお呼び下さい。
          `/`ー-,;,/_/    !!: : l'i ! 7ー‐<´    ! : : : :! ll.!    出身はやる夫殿と同じく、山城です。
          /:.:.;,/  `ー--.,,__ l!l : :! ! l l___;,;,:ヽ     ! :  :l lレ 
          /:./: : : : : : : : : : ̄l: :l,_l .! l i `、/    l: :  ;!l   身分は…訳あって明かせません。
 _,,,,,,,,___,,,..--‐'¨ヽ、: : : : : : :  : : : ! l V`ヽ/  ヽ     !: : /レ     申し訳ありません。
/: : : . `ヽ、 : : : : : : : `ヽ、: : :   . : : レ: .  / `ヽ  ヽ`ー-.,,_l :/  __
: : : : : .  ヽ: : : : : :  : : : `ヽ、: : :  : : : . /'''''''¨ヾ'、 ヽ :   レ<¨ ̄ `、


37 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:24:42 ID:H4mBVcC60
           / ,1ヽ /  /    / /  /    ヽ ヽ ヽ
    r-、      メ| i. V   く  / 〃 〃   |! !  ',  ',ハ
    └- \   く. i _ゝ  /シ_></ //  / ! l!   !  |! !  では、注文を…
        `ヽ  /V ,'   rf7 ̄:::ト< / / |! / !  i}  l l !
 ‐- 、     ィ⌒`ト{V i    { i;;;;;::リ  >'/  _,.!=ヒT´/ | / リ  
 ‐-、_\  〈 ー- .._ | {   !ゝニソ /'´  /:;;;;リ ,)lハ ソ ノ
    `ヾゝ、__二=ー- | 1   ! ヽヽ,. - 、   ( ;;ソ / ヽ \      人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
      ``=ー_ ''T「 !  i|   /   `7  `` ∧  ヽ、ヽ   <                              >
     ,.ィ::´::くく:::::`ヽト、i   !ト、 {     / _,. '゙ ヽ   トい  <  店員さん!このお品書きに書いてある食べ物  >
.   ,ィ _;:::::::::::ヽヽ::::::ヽ::ヽ l L`ヽ、.__,ノ ' ´ _,. - 、_ヽ   i ヽ!  <  全て10皿ずつ持ってきてください!       >   
  〈_/_,. 二=`iヽ、:::::::::| リ ニー- / -‐<::::::::::::::::`ヽ  !  i}   <                             >
   //   _,.. -ヽ \ /ヽ!_,... -ヾ介ヾ-...ヽ::::::::::::::::::ヽ } ノ     Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y``Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
.  / / /_,...,,. ヘヽ. V /          ヽ::::::::::::::::::V
  {! / /_,f  ヽ  ヾ、 レ     _,... --─- 、ヽ::::::::::::::::}      
  {_! / j  ヘ.  ゝ='ノ! |!    /  ,.ィ|! 、  ヾ::::::::::::/           <え!? 10皿ずつですか?!
.  ゞ-く \  V/ゝ-く_ト、 _/   /  l! ヽ   i::;:::::く
   \ \_,>ニン、 -‐7  T  、  、   _,. ,. i}://
    `ー'< _ ,.-i「/   〉、  ヾヽ ヾ  〃//|:::::/              はい!10皿です!
           ヽヽ_V  `ヽ、._ ヾヽ!シ / i|_,.::{
            V!  \  _,....ニー-r'-=- |::::



                   _____
                 /::'⌒:::::::::::; '⌒゙\
                /:::::::::::::::::::::::::∪    \     !!??
              /::/´  `ヽ::::::::::/´  `ヽ \
             /::::::(     l:::::::::::::l     )  \
           /::::::::::::::ヽ_   _ノ::::::::::::ヽ_  _ノ  ; \
           |:::: ;:::::''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |:::::U::::::::::::::::::::`┬─'^ー┬'′       .|
            \:::::::::::::::::::::::::::::::|エエエエエ|        /
             \::::::::::::::::::::: !lllllllllll     U  /
             /::::::::::::::::::::::::::lllllllllll      \
            /:::::::::::::::::::::::::::::└ u U┘        ヽ
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ,   |


38 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:25:02 ID:H4mBVcC60

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃


39名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 01:25:17 ID:0u.61th20
>好きなものを好きなだけ注文しておk
やる夫……無茶しやがって……(敬礼


40 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:26:22 ID:H4mBVcC60

                        ! 〃/ ⌒ ,ハ  i  ⌒ i  i  i己
                        レ' | | i / ! ハ i ! |  |  ヒ´
                     .      ∨iV∨  ∨ レ'V∨|  |  K
        ふう  ご馳走様でした     | !≡≡   ≡≡ |  |`Vシ′
                          | 八""       "" |  |ノ
                          i′ i> 、 ー一 ,. イ|  |\
                          | /j  __,工ニ´‐个|  |\\
                          レ'V /´仁.フ0ト、/ レ∨廴}ノ
                          ┌┴┐レ' jハ」   / ヽ
                          | r─ 、      {   |
                          r|_「 ̄` 「 「 ̄ ̄´   /
                          廴,>┬-L.廴.__,. イ



      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\        オソマツサマデシタオ
  /   (__人__)   \
  |     |r┬-|     |      (結局あれから全品5皿ずつ追加してたお
  \    `ー'J    /         やる夫の財布がすっからかんだお)
  /              \



       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :  (いや これは先行投資なんだお
      \.....:::::::::    ::::, /    このアマ 絶対にこのままでは済まさんお
      r "     .r  /゚。     いつかやる夫のハーレムに入れて、
    :|::|     ::::| :::i         その大食らいの口でやる夫のピーをピーせてやるお!)
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"


41 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:27:50 ID:H4mBVcC60

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \   (まあ、ここから京までは徒歩で1日くらいだお。
   .|   (ー)  (ー) .  |    
    \    (__人__) .  /     仕官すれば支度金が出るはずだし、なんとかなるお)
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



                 __ ,. 、 _, 、_
       ,. -‐‐‐‐-- ァ'´>r‐ ‐‐ ‐- へへ
      ,ィア´ ̄  r‐ァ ´  ̄         `ヽー 、
    〈〈    rァ'´                \ト、
     ゝ._  , '                  、 V〉   どうかされたのですか?
        /    , ' /             ヽ i .〉
       /    / /  i .l ハ、   、     i 〉
      / /   ,'  i  i l .l l  li ヽ.  ヽ   l  | 〉
     ,' //  . i,. -┼十i´| l  li `ーi -- i、  l  V〉
     | ll i  i | ,ィ== くN |   リ  ノ  ノ `  il  li
     | li l  l |〈 ir' ::i |     ,ィ= く   il  il  .!
     | ll i  l | ヽ|t--'.|     7r':::i ト、.ll  li  |
     | il l  l !  ー‐'     |t--' ノ 〉ll  li  |
     iVl l  i i          ー‐'   /li  li  |
       N  l ト、"""   '    """  / |i  il  |
        ',  i   \    _      .イ  リ  li  |
        ヽ い /i ト .    ,. ィ´ \ /  .il  |
         〉、〈, へ   ̄   jへ  \ レ1ll リ
         〈_ハ/   \   __/  V  / レレ'レ'へ
..  ハ` ̄ ̄`´   \   / Vハ    / ̄レ'  / /  ヽ


42 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:28:24 ID:H4mBVcC60
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \       え… ああいや何でもないお!
    |      ` ⌒´    |        
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)     ちょっと考え事をしていただけで。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



      __,.r;zzュ、__    ___
    ,イ / ,> '´    ` くr'´ ̄ヽ
    / ∨ヽ.,′       ヽ、   }
    ,>イ\/  ,ィ'´  / ハ  、.ヽ   はあ…そうですか。
    )、八/  /ナ-∠ ,イ' l l i |  
   \|,ゝ!  レ' ,ニヽイノ L | |!/  
  / ̄{. |  | /::rj'   ,ィ^Y乂!    ところでやる夫殿。
  ! /入! ,.l `"    tリ /{     
  \lイ ,ハ |リ ‐- 、 _/ ヽ     やる夫殿は仕官のために、
  /_r</|/ナ≧-‐,二 |  ハ|
,///  ヽ,>‐=ニく.Y´ ̄`!} ノ ノ    京を目指していると言うことでしたが?
 /' |    〈  ,.イ「!ヾニ.」ノ′
ヽl. |    `T゙了/Y77YiT「|_
    |     Y'| ̄l/`Y'^l | |_
   |    ,.ィ'   刄 く. 廾' |
    \ / /    ,.イ    |


43 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:28:54 ID:H4mBVcC60
               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ   え? ああそうだお!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |  
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /   足利家にいっちょ仕官してやろうと思ってるお!
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     やる夫程の逸材を得られるなんて、
      /( ●)  (●)\ )      全くもって将軍様は幸せ者だお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |    最近は隣国の三好家との戦では押され気味みたいだけど、
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     やる夫が加われば余裕だお!幕府もたちまち再興間違いなし!
    | | | |  __ヽ、    /        
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |        まさに「粉砕!玉砕!大喝采!」だお!
    `ー---‐一' ̄


44 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:30:13 ID:H4mBVcC60

       |iヾ{iノ ´ ̄ `  l     / /  〃!|  ! 、ヽ
       {'〈iノ       l   /,/  // ! ||l   i l
       ヾYノ`ヽ、    |   /,イ  // / ,l || l| ふふふ それは是非足利家に仕官して頂きたいですね。
       ,(Y)\ `' ‐ 、,|  /'〃 ,ィ,イ /!/| ,リ ,|  ! }
      /::::Y、ヽ \,.- 、!   /ィフ_7ヲ7ソメ〃ノリ /!/  
      |:::::::|:ト、\ / '´)|  ||ノ__ヽシツイノリノ ′  では、今現在やる夫殿は他家を【出奔】されて
      |:::::::|::|:lヽ. ゝ、(l  || ''´ ̄ヾ  イ |´    
      L;__」‐┘,>ソゝ‐| |  ||         ヽ|      【浪人】をしていらっしゃるのですか?
       |:::::|:::|'´/   l |  ||  、 _,  r'´|
       |:::::|:/ー' 、    |l  i||     ,イ   |      以前はどちらの大名家に?
       L;/   `ヽ、.|l  |! |ヽ、 _/ | !  |
       ,ノ-‐ 、      i! |'l |     l!|  ,リ      【職業】は何をされているのでしょう?
      /     \   'ヽ|ゞ|}`ヽ、___ リ| ,〃
     ./,.. - '' ´ ̄`ヽ、  /!::::〉、  〉 `}/,       



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  やる夫は半日前に入速村から家…旅に出たばかりだお!
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   それまで山城はおろか村から出たこともないし、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   他の大名家で働いてたこともないお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /       職業は…村に居たときは農民だったけど、
  (___)      /         
                         あと2、3日もすれば武士になってるはずだお!


45 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:30:38 ID:H4mBVcC60

      /`, '" ̄ ̄`゙ ヽ__
     </ ./  i    ヽ ヽ
    <'/  l  /l ,l l、 ヽ、ヽ
   </l  -l-/__l/ { / _ヽ_l_l,-li
    /'l  l' ○  l/ ○,l i/,l     ……え?
    >,l ⊂⊃      ⊂⊃l
   / /,トl l l   ___   / l
  ヽ,_/ヽl`lヽ 、|   _/-‐'l l
    `゙' ヽl_/"i`゙‐┐-〈`゙゛l/



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   | 
   /( ●)  (●)\  !   !     ……お?
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


46 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:31:06 ID:H4mBVcC60

     /イハ /.:   /::::  l  l  .ハ  l   l l ト、ハ
.     { l Vi::    l:::: / / / / l  .| ト、 | | | ハ ',
     / |.  |::   .l:: ./ / /i ./  |  | |k. | | | j i l
     ヾ小ミ、|    .|〃./i ./ .l/   .| .ハ .| } | i イ八;
      iヘミ|   |ィ示≧=-,;    .lィ彳=、イ / /l,' リ
       >il   | ll {:::} i Y     il{:::} ! / l/,/|/ /
       ヾil|   | ゞー ソ     ゞ┴'´ ./  .|    あの、失礼ながら、
.          |:::::i: | u             /::  |
.          |:::::l. |        i}     イ::::. |    【隠れ里】はご卒業されましたか?
       /::| :::l, |>、    (  ァ  / |!::;;i |
.       /:::∧..:! ,| |\       <   |::: l |
      /:::/  i  .| _|  >  _ /|:::::>  |::. ! リ
      ヾ.'  ∧  |\         |.K   |  イi
        /∧> .|  \    /  \ _| ハ/
'` ー── ''´ヽ  .', .|   \ /      lイー─ ''´`\
    i     ヽ  il    /::::ヽ     /    ヽ 



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |      隠れ里?なんだおそれ
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


47 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:31:38 ID:H4mBVcC60

          |,  |   '.!   | |! l  | | |    \  | ヽ 、\ _iィゝ Y l.  │ |ノ! }
           ゙   | ヽlゝ._ | ゝヽ._| __ ィ     、,ゝ_!-‐\!" \!  ゝ| |   !  |メイ
           ゝ ハ  | ヾl` ! ̄ヽl  ヾ      ヽ   \      | l   |  レ j
            \! \!                      - ___ _, ノ │'   l  |ノ
               |` 'ヘ  、    ,_ "            ` ー‐ '"   |     i. | }
               |  |∧ ヾ 二.ノ'´            / / / /   |      |/
               |  |  ,. / / / /                       |      |
     .     .    |  ! ∧         ノ                  |  ,   |
              │    ヽ           _             ,./| │   ,リ
              !  i   l !::|ゝ         l/__)       ィ 三j ! |   ,__
             i  ヾ   :|三;_ゝ               , ' |三' ,イ '  /三ヽ
                 ヾ \ :::|三三三> 、       ./   |≡! |     /;:三三\
              ゝ  !::::|三三三ノ|   `  ´      |::: | |   /三三三三ヽ

          ……なるほど、やる夫殿は【新参者】なのですね。



━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・     新参者?
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |


48 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:32:14 ID:H4mBVcC60
                          __
          __,.、_ ,..、__     /⌒ヾ:.
      __,rァ=竺ーヘ,__ ーヘ`丶. 〃    }}
        У ´ __\ ヽ`て, マ⌒'\_    ′
.     /   .: -‐ ァ 'ヘ }i {_ }     `丶,
     / // 爪  l }i  {_ } 丶 i  ハ    ええ、まあ何と申しましょうか…
    」i_/ / { { 、\ } }i 厂v \  | l i}
    {廴/{  、 \  } / rし'ノ    v  |ノリ    結論から言うと、
     {尨x\__\  厶' 7 尨⌒丶ノ^i |"
      廴`ァ=x⌒<尨彡' `ヽ〈  .′l     やる夫殿は、このまま京に行っても足利家に仕官はできません。
         У/1:マ丁´、 \ ,ノ }_/  .
       /::::'ヘ|i:::V\ 丶 /  .イ:  /
     く::/:::/ |:,::::v'⌒^''^′i / ' /
       〉::/  :::V/      「  / /
     ぐ:/   |::::| ̄ ̄ ̄ ̄丶//′
         / ー _____    \


















              ,. -─────────‐- .、:::::::::::.::::..:::::::::.:..::::::::::::::::::::::::::ll! l!::._:: -=ァ:::.:::___:::::
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\.::.::::::..::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::l!  l!‐ _..=-‐ 二ィ /::::
           /                     \.:.::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::l! ‐ ´_..-  ̄/イ└ォ:::
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \::.::::::::::::::::::::::::__ノ7´ ,ィ L = 二イ:{_.イ /:::
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \::::::::::::::r^'´_ィ l! ー'  r=‐ 二イ=、j∠ィ:::
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \::::::::: ヽ  V イ ,.-┐ イ⌒!/  /:7_,7:::
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \:::::::.: \ r:7' /r=l!`l!:.l! 〃 /__:.{(::::::
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \::.::::::::.`l! ハ! l! |:l! l!=‐  ̄_..ィ:::::::
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ:::::: :: l! l!:.≧= ´ _ ァi::7´ }::.:::.::::::
  |               |      |      |              |..::::::::l! l‐´  _,.-::.´l! |/ /  , ‐┐
  |               \__/\__/               |..:::::::l! _ ..イ }::__::.l! l! !_.::/  /:
  |                |       |               |: .:::::l! /::.::ノ ´ /_..! ´_.ィ::/  / -
  |                |r─‐┬──、|                |::..::::::l!/ _  l´/ _..=‐´ァ::./  //
  ヽ                |/   |    |              / ..::::::!_ /::| |::.7__ ..ィく_:/ // /:
    \              \      /             / : .::::::::::::;:::::::| |:::.:::.:::Ljァ' {__/::./ /::::
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             / ..:..:.::.:.:::::;,;::.:::.::∨;;::.:::.:::.:::7⌒i:: :.〈__/:::::::


49 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:33:00 ID:H4mBVcC60
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)   ええええええええええエエエエ!!!??
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |   そ、それは本当なのかお!?
   \        lェェェl /  
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿



     `、:l:. ` l   ::/:   .: ..::/  .:::!.:/l ::i :. ::i :i::..i
    /::::!ヽ:..l   ::!: ..:: .:::/  .:::/.:/ ! :::l ::.:::l:. :l::::!  はい…
    ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::!   
      /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!  正確に言えば、足利家だけではなく【上杉家】、【武田家】、
    ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/   
     >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!    【北条家】、【浅井家】、【織田家】、【徳川家】、【今川家】、
    /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l    
   /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l      【斉藤家】、【朝倉家】、【三好家】、といった、
  /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::!        ヽ    /:::: l l    
  ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l      今現在、天下を争っている近畿、関東、北陸などの
    `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l
    l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !      有力大名家には一切仕官できないでしょう。
    l.:,;.:,/ l;!!;/__      !ヾ、    !.! / l,!
   _,,,フ’      ̄¨¨''''‐、r'’:::::`ヽ、__l,!!/     __  ヽ  毛利、長宗我部、島津などの西国や、
.-‐'''´:::::`..、          /--ヽ_::::::::`、::::'’¨'''''i'''´:: :.ヽ    
::::::::::::::::.  ::`..、      /:.`i:.:.:.:!:ヽ::::::::!::  ::: !:::   ::ヽ    遠き東北の地であれば分かりませんが…


50 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:33:34 ID:H4mBVcC60

           ____
         /   ∪  \      な、なんでだお。
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ   
      / _ノ (>)三(<) \ `、  今は乱世でどこの国も一人でも多くの仕官者を求めてる筈じゃ…
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  ) 
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://    



                                     ,/´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
                                     //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
                                    /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
  はい、確かに各大名家は戦力補強のため、       |/l | ! |、 | 、,,Xヾイ::;ヽ i' |   |r=く /,! 〉
  広く人材を求めています。                   l |、 トx‐!ヾ    ' ヾソ'´ |  .|'ノ  }/j〈
                                      'ヾ ヽ'i メ:`i          |   |ノ ノノ///
  敵対国との戦のみならず、魔獣や妖怪といった          | .l ゞイ           |   |;ン', '/く
  人外の者とも、戦わなければいけませんから。          l l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\
                                        l ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!
  特に近年では、闇の勢力の力が増してきたため、    ..    |   \          |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
  戦闘を得意とする強い家臣が多く必要になっています 。   |   l. \  _,. ‐   l  ∧ヽ::ヽ!:::|!::| ,.=-─-=::、
                                       |   `´ ,ト--‐ヲ /::::::\\`r‐;!":::::::::::::::::::::::::::\
                                       ヽ.l.  |    _/i | ̄7 /:::::::::::::::\/≠ニ二ヽ:::::::::::::::::::::::\


51 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:34:53 ID:H4mBVcC60

      __,.r;zzュ、__    ___
    ,イ / ,> '´    ` くr'´ ̄ヽ
    / ∨ヽ.,′       ヽ、   }
    ,>イ\/  ,ィ'´  / ハ  、.ヽ
    )、八/  /ナ-∠ ,イ' l l i |
   \|,ゝ!  レ' ,ニヽイノ L | |!/
  / ̄{. |  | /::rj'   ,ィ^Y乂!
  ! /入! ,.l `"    tリ /{
  \lイ ,ハ |リ ‐- 、 _/ ヽ      しかし、今諸勢力が求めているのは、
  /_r</|/ナ≧-‐,二 |  ハ|
,///  ヽ,>‐=ニく.Y´ ̄`!} ノ ノ      【婆娑羅武士】です。
 /' |    〈  ,.イ「!ヾニ.」ノ′
ヽl. |    `T゙了/Y77YiT「|_       
    |     Y'| ̄l/`Y'^l | |_
   |    ,.ィ'   刄 く. 廾' |
    \ / /    ,.イ    |
     ヽ.      / {    |
      /\   / ハ\_ /
      /ー- 二 _j L_|



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  ばさらぶし?
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


52 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:36:51 ID:H4mBVcC60

                               /´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
 はい                     .      //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
                             /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
 そもそも、武士とは武家政権における     |/l | ! |、 | 、,,Xヾ _,,  i'.|   |r=く /,! 〉
 支配階級であり、職業ではありません。  .     l |、 トx‐!ヾ    ' .、_,,ィ.|  .|'ノ  }/j〈
                             ..   ヾ ヽ'i        . ̄  |   |ノ ノノ///
 南蛮で言えば、貴族に相当します 。  .         | l`''彳          |   |;ン', '/く
 ちなみに、騎士も全て貴族です。               | l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\
                                 | ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!
  『この辺かなり適当です』                |   \         |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
                                 l   l. \  _,. ‐   l  /'´  ヽ!:::|!::|  ,. - ─ - 、
                                 l    |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
                                 ヽl. . |    r' ヘ / /    ///            l
                                  ヾi l    /イ::/ヽ '/   / 〃               l



                              ,/´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
 どこの大名家でも、大名を頂点として、     //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
 武士階級の者が領国の経営をしています。 /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
                            |/l | ! |、 | 、,,Xヾイ::;ヽ i' |   |r=く /,! 〉
 例えば、その武名で知られる           l |、 トx‐!ヾ    ' ヾソ'´ |  .|'ノ  }/j〈
  織田家の柴田勝家や、             'ヾ ヽ'i メ:`i          |   |ノ ノノ///
   徳川家の本多忠勝なども、            | .l ゞイ           |   |;ン', '/く
    重臣であるが故に                 l l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\
     内務に多くの時間を割かねばならず、    l ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!
      妖怪の相手まではなかなか         |   \          |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
        手がまわっていないのが現状です。 |   l. \  _,. ‐   l  ∧ヽ::ヽ!:::|!::| ,.=-─-=::、
                                 |   |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
                                ヽ.l.  |    _/r' ヘ / /    ///            l\
                                      /イ::/ヽ '/   / 〃               l


53 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:37:33 ID:H4mBVcC60
           r ェv-‐'‐ _
       r ,ァ´       ̄ '‐-.,__
      x/ ,   ,  ,  i  l  , ヽ ̄ ヽ,
      /j ミi  /  / ,'! ハ  :i  ヽ  〉
      〉iミ:i  i,'  〃 // / |  :| i ,ヽ.
     i ト、|  ト メ レ'/ /  |  /!|  i i           .i   
     Y', r┐ |レrーゝ レ'   レハ i  ハl           i   
      >i !6| | ゝ⊥ノ    r'y‐レ! / !           i!
.     / 'ヽj  !       ヽ'ソ /レ'            i!    
    /  ,' ヽi, |     ′  /  i|            ,|!   
    〈  ,'  |'i | 、 ⊂つ  /|   j!           ,|!
    ヽ~‐'へヽj `ーr‐ ''´   ! /!           i|     
    , -‐〈    `''> < ヽ、_  | /             i|     
   / ..  ヽ、 _∧_/<i、/ `''‐ 、           i;|     
  i   ',   /   ̄ 〉 | `L__ ヘ          √レ⌒!
.  |    ,.  /   i^!ノ  ! ’ Y ^'∧        ノ 〈/__ )
.  |    ;: /   ノ `     ' |  / 'i       イ  〈/ __)
.  l    ,/    i,       / / 〉i',      」  (,∠ イ!
  i   :/    /ゝ    :/ / |! i    /へ、  ,,. ‐'´
   !  /   ,r'く   `ー‐7´  /  i  L,  / ヽ.  ̄ 〉
   | :/   /  `~.,_,.ノ!  /   i /,レ'´      フ´
   i :/___ /       / /ー ‐ ‐| ‐''" '´     /
   |',         / /:.:.:.:.:.:.:.:.i        /
   ヽ,        /‐-<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i      ,.´
    ヽ,     ,. ;/:.:.:.:.:.:.゙' ,:.:..:.:.:.:ノ、   ,/
     \_,.-‐'´  `' 'ー~―'' ´ヽi!`ー '´
      / ,: '            |
      /, '              |
そこで近畿、関東、北陸の各有力勢力が求めているのが、

闘いのエキスパートである【婆娑羅武士】達です。

これらの国々は、中立勢力である【隠れ里】と協定を結んおり、

【隠れ里】で修行を積んだ、婆娑羅武士志望の者を登用しています。


54 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:38:58 ID:H4mBVcC60

                                        / / / i l  、  \       /  ハ メ.
婆娑羅武士として仕官するためには、                 !  i li l i ヽ ヽ   ヽ、   /   / ハ く
まず隠れ里の集落がある、                        !ハi il i l 、 ヽヽヽ   \/    / / i!イ
                                          从ハ iハ,. -‐-ハ    i    / / /i 〉
【黎明の渓谷(れいめいのけいこく)】                      ヘ   ´ |「`ヾ.|   レ'⌒ヽ ' / / i〈
へ行って修行を積んでもらい、                          ノ    _K__ソ |   |、  l    / /ノ
                                           〈    ´    |   | 〉 /.イ   ./ /く
隠れ里名主に認められて初めて、                       ヽ一      |   |ーく  //lハ.\
各大名家への仕官の許可がおります。               l.ヽ     ヽ        |   |  そ' // l  l  ヽ
                                      | |.       \ __ ,. <!   i   /く / /i  |  }
協定を結んでいる勢力は、隠れ里名主の             | |       ,.ヽ〉  .l  / /\ iんヘ L__!___/
許可の無い者を登用してはいけません。              | |    /´/ /   |   |‐'    〉.  / /ー〈
                                    ,.-く\ i   /´) //r‐ァ  !  i|    / ヽ/ /.  /
先ほど、やる夫殿が今のままでは               /ヽヽ 〉 〉`ー' /  /|_/\从ル'´  ̄  /´ ̄`ヽ/
どこにも仕官できないと言ったのはこのためです。     |   しし^´  / / / i  ヽ      /     i
                                  ヽ      /   /   / ∧   i     /      i
これら仕官希望者でありながら、隠れ里の許可が     l     /    i  / / i  |   /       l
降りていない者。修行中の者は【新参者】と呼ばれます。 /\____/l   |_/ /  |__|   /           !



       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \  zzz
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)


55 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:39:27 ID:H4mBVcC60
       ,. -‐‐‐‐-- ァ'´>r‐ ‐‐ ‐- へへ
        ,ィア´ ̄  r‐ァ ´  ̄         `ヽー 、
     〈〈    rァ'´                \ト、
      ゝ._  , '                  、 V〉
         /    , ' /             ヽ i .〉
.        /    / /  i .l ハ、   、     i 〉
       / /   ,'  i  i l .l l  li ヽ.  ヽ   l  | 〉
.      ,' //  . i,. -┼十i´| l  li `ーi -- i、  l  V〉
      | ll i  i | ,ィ== くN |   リ  ノ  ノ `  il  li    …あの、やる夫殿?
      | li l  l |〈 ir' ::i |     ,ィ= く   il  il  .!
      | ll i  l | ヽ|t--'.|     7r':::i ト、.ll  li  |     聞いていますか?
      | il l  l !  ー‐'     |t--' ノ 〉ll  li  |
      iVl l  i i          ー‐'   /li  li  |
        N  l ト、"""   '    """  / |i  il  |
         ',  i   \    _      .イ  リ  li  |
         ヽ い /i ト .    ,. ィ´ \ /  .il  |
.          〉、〈, へ   ̄   jへ  \ レ1ll リ
          〈_ハ/   \   __/  V  / レレ'レ'へ
.    ハ` ̄ ̄`´   \   / Vハ    / ̄レ'  / /  ヽ
   /  i         \/ 「 } \ /      /    ヽ



            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ   いいから三行で説明しろお
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }    話が無駄に長いのは、頭の悪い証拠だお!
      |   u.   `Y⌒y'´     |   |      
     \       ゙ー ′   ,/   /    
     /⌒ヽ   ー‐    ィ     /     (もちろん聞いてるお!
     / rー'ゝ           /        セイバーさんの説明とっても分かりやすいお!)
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |


56 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:40:16 ID:H4mBVcC60
       ,. -‐‐‐‐-- ァ'´>r‐ ‐‐ ‐- へへ
        ,ィア´ ̄  r‐ァ ´  ̄         `ヽー 、
     〈〈    rァ'´                \ト、
      ゝ._  , '                  、 V〉
         /    , ' /             ヽ i .〉
.        /    / /  i .l ハ、   、     i 〉
       / /   ,'  i  i l .l l  li ヽ.  ヽ   l  | 〉
.      ,' //  . i,. -┼十i´| l  li `ーi -- i、  l  V〉
      | ll i  i | ,ィ== くN |   リ  ノ  ノ `  il  li    
      | li l  l |〈 ir' ::i |     ,ィ= く   il  il  .!
      | ll i  l | ヽ|t--'.|     7r':::i ト、.ll  li  |     
      | il l  l !  ー‐'     |t--' ノ 〉ll  li  |
      iVl l  i i          ー‐'   /li  li  |
        N  l ト、"""   '    """  / |i  il  |
         ',  i   \    _      .イ  リ  li  |
         ヽ い /i ト .    ,. ィ´ \ /  .il  |
.          〉、〈, へ   ̄   jへ  \ レ1ll リ
          〈_ハ/   \   __/  V  / レレ'レ'へ
.    ハ` ̄ ̄`´   \   / Vハ    / ̄レ'  / /  ヽ
   /  i         \/ 「 } \ /      /    ヽ



            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (○)  (○) \〈〈〈 ヽ  
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }  
      |   u.   `Y⌒y'´     |   |  
     \       ゙ー ′   ,/   /  
     /⌒ヽ   ー‐    ィ     /   
     / rー'ゝ           /    
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |


57 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:40:43 ID:H4mBVcC60
             z=ニニXニー、
          ィ弋''¨斗イ´  ̄ ̄ ミ ー-    -──-、
        ィ⌒>'¨´             `Y´ -‐─-、. \
       rヘ/                ≠ー-、   ヽ. ヘ
        {¨〉     y    /´        ,    ヽ   ', ハ
        イ 爪辷ー‐ Z    ./          |     ハ   ', |
        .{ 人 `ミニ/    / /   /  ノ  ト     '    リ
       .ハ{  > イ    / /  ,イ  ,イ / ハ  ハ ',. |
      { |    |    イ∠チ壬升x' ル' ./  }  } } .リ
     弋ハ    r'|     l ァニニニ=ミ   ル'  丁`,イ ル′
        从   { |     |  辷Yrノ ′  ィテッル'彡代   
      /:::ィ:::>、 从   |   ` ̄       ル'/ノヽ. ヽ.ヽ、    …申し訳ありませんね
     ./:::从::| |:Yヘ |   l         > /    \ \ ヽ
    ム:::{リ:::| |::| 八 ,ハ     、 ___.  ノ     ヽ ハ .}     話が長いうえに、頭が悪くて
     |::::|:::::| |:リ   ヽ从      ー  ´        )从|
     ト斗::::レ' ヽ、     \',  、  /        彡イハ|      
       |大    \   /ソ   ̄            リ
     /  ヽ      ''xム、                         
    /       \   ,イハ 〉ー-、
           \ ./:::爪/     y辷=、 コキコキ
               /::|:::ヽ   /   二ミ、
            ヽ、. /::::|l:::::l /     ァ‐㍉
            ∨::::::|l::::ァく     / 、  |
             弋Y´   ヽミ辷ー个弋′ |
                ハ      `ヽ弋   イ、__
             /           } (ハ__|ハ ヽ、
               /         レ{    ノ   )
            /            ノ ` ̄´   イ



              ____
            /      \_    
           / /   \( ;:;:;)   いえ、失言でしたお
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/   (可愛い顔して血の気が多いお)
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'


58 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:41:13 ID:H4mBVcC60

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \  で、結局のところ、【婆娑羅武士】ってのは
|  ∪   (__人__)    |   なんなんだお?普通と武士と何が違うんだお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      それに、やる夫は新参者…だったかお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



      _,,-‐‐-、
     ,r",r' ̄`7ー` ̄ ̄ `ヽ、
     レ´ ,r'´'´       ''`ヽ、
      ,f,.' ,'  ,' i i ',  `、 `、
      f.,' ,i'  i  i'i ! .i,  i  .i  
      i i ,i  ,i  i .i i,  i,  .i  .!
      i ヽi、__,i,,!-i' i,ーi、,,,,i、__i  .i    (親切にしてくださった方に、
      i  i ヽ! ヽ!  ヽ,!` 、i`、!  .!     ついカッとなって暴力を振るってしまうとは…
      i ; i`ー-‐'   `ー-‐' i ; i      我ながら修行が足りませんね)
      i ; i'、///    ///∪'i  ;.!
      i ; i>ヽ、  _   /-! ;/    
      i, ; !ヾ,;/`iー--‐i'´ヾ;,/i ./     そうですね、簡単に説明するならば…
.      i,_i, i;;;</ `ー'7k''´'`、;i;;;レ,_
     ,r' ヽ! _>-ーi''''iー-<  f´ `、
     !   `、ヾ:.:,r'7-iヾ.:.:.`;/   i
     !    ', `i-"! !:.i`ー'/    !
     i    .', ,!:.:i  !:.:i,./     ,!
     i     .',ー'  ー`!  ,'  ,!


59 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:43:17 ID:H4mBVcC60

              _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
            ,.:.´: : : : : : : :ヾ:.:/: :`: :.、   )
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    ぶっちゃけ、
       /: : : : : : . . . . . . . . . . . . . .: : :.:.:'.,
       /:.:./: : : /: : :/:.i: : : : : : ヘ: :ヘ: : :. ',  ファンタジー物で定番の冒険者です。
       i/: : : : :/: : /: :.|: : ∧; : : ヾ: :|: : : } 
      {:.:./////ー':|: /ー'|: : :|ヽ、|:.:.,:.:i   【新参者】は冒険者見習いです。
       ∨ /| '´ -  |/  - |/ヘ|/ |:.:.:|:./
       !/i:.:.:l  ̄ ̄` ′ ´ ̄ ̄  |:.:.:| }           
      . 〈 .|:.:.:!             |:.:.:.!イ __ , -―- 、
        `|:.:.:|  ∪          |:.:.:l.l/.:.!     __,r‐、  
         !:.:.|    r――┐   ,. !:.:.:!{.:.:.!     /.:ノ.:.:〈
          |:.:.:| \   ` ̄ ̄´ ,.イ |:.:.:||:.:.:.\  ,.-ノ:/.:.:.:/     
   __ __  ヘ;:.:!>{::`:ーr:┬:r‐:´::::}<!:.:/ >、:.:.:.Υノ :.:.:.:.:/
/´:::::::::::::∧`\ヾ!:::/´ ̄>C< ̄`∨::|/ !{__:.!.:.:.:.!;.-'.:.:.:./        
:::::::::::::::://::::∨♀´ ̄  ̄`Y´ ̄  ̄`♀∨ノl:.\:.:|:.:.:.:.;.イ、
:::::::::://::::::::::::|       人       |  ヽ:_:ヽ.:.:/丿i        
:::://::::::::::::::::::!    /´  `\    !     ̄ ̄   |


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   ぶっちゃけすぎだお
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                | .|


60 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:43:55 ID:H4mBVcC60

     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \   ふむ
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   つまり、やる夫はまずは隠れ里へ
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |    行かなければいけないと言うことかお?
  \ /___ /
                                            _,,,,,,__,r‐、 __
                                  __,,,,,,,__    _,,r‐'´ ̄ ̄ ,r''´ー、ヽ__
                              _,,r=ニ二..---..二r'´       ヽ、  ト、__,!_
                             '´       ,r'´ ̄`         ヽ  ! >、 `、
         ええ やる夫殿が武士として          /        ヽ ヽ   `、 l'ヽ >、_!
                                   /  /    i、  i、、ヽ ヽ `、 `、! ヽヽ >
         身を立てるおつもりであるならば、     /  !  i   ! ヽ lヽヽヾ ̄、''‐ト、 l ヽト、! ,r'''7
                                  ! i  l i ! ,ir‐ `、 ! ` ヽヽ,,,,_ヽl ヽ!  ! /,r''′
         そう言うことになりますね。         !/!  ! ! .l/ lヽ__ `  '´io l ,ト、! ! /`<,r'ー-、,,,,,,,__
                                  l! ヽ ト、ヽト、lfioヽ`     _!___!, ヽl l/l  l,r'''' ̄`ヽ、 ̄ >
                                    ヽ ! ヽ ヽ`!__,!      / / ,ト、 l''''! l、     `ー'´
                                     ` _,rヽ ヽ    '  ,   /l/ l lヽ! l ヽ、
                                    ,r<、 l l`ー` - ,_  ̄   / ,!ヽ_!l,r'‐‐'-、 _>
                                    f> l ! !/ >ヽ `、 ̄,!T ´  /  ! /     ヽ
                                    !ヽ_!_/ l   `、 >'_,/__,,/  //        l
                                   l´ヽ  ! /_,r‐'''´ヽ!''7’ >、 / !        !
                                   ,!  `ー‐' `! /,r'´,r'7l`ト、 `、V l        l
                                  ,rl、      /! `''´ / l l ヽ ! l          !
                                 / ,!、`ー-  /     / l  !  !''’ !          !
                               / //  ̄ /    、 l,rz_! !  l  /`!        !


61 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:45:19 ID:H4mBVcC60
      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・    でも、セイバーさん。
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /      何でそんなに詳しいんだお?
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\       もしかして、セイバーさんも婆娑羅武士なのかお?
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


 
    / f ´/                   ゝ― 、    
   ,' 人/      /                ヽ \   いいえ、私は婆娑羅武士ではありません。
   .l 〉/ー    /    /  /       l   ∧     
   .K´l\   /    /  /   ,イ   l!     l      
.  ∨l      ,    . イ .`/ヽ、 /'/  /.!  l |    今は先代の時と違い、
   〈 l    ,イl      |,f子<ノン  ./ | | |    
   / ∧   { (.!  .|  |弋うソ}彡_.イ _..ム  .| |   当主が代替わりしたばかりの足利家でも
  / / ∧  ヽ_l   |  |  `´ ′   _从  .l 人   
  .l l l ∧ ,ミl   |  |         fソ/ン_彡 ´     婆娑羅武士を大々的に募集していますからね。
  .L_lノ/ l∨ l   |  |         }イ  /         
  |   |  l l  .|!  |  |  ` ー 、 ン   ′        山城国では全ての村に私がお話したことと同じような
  |__|. ,fレ、 l|  |l |     ..イ   .|
     ノ  \|l  |l ト、- ´  .|    |          内容の高札が立っているはずですよ。
_. <       !l   ト、.!,ヘ-―- 、!  l |
    `ヽ    'リ从ノ.∧!lヽ\  リ  ,リ          やる夫殿は見たことはありませんでしたか?
     ∧    ,.イ`}⌒{::`:.<. 从ノ`i
      .∧   /:::::,イ.下`::<::::`i   |
      ∧_〈:::::/イ:::::! `ヽ、_>ヘ  |
         `ゞ‐´|:::::|    ヽ::::\\
     !         |:::::l     ヘ:::::∧ ヽ
...     レ       .|:::::|      ヘ/  
...     l: : :      |:::::|         }


62 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:45:56 ID:H4mBVcC60

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\          え、あー…
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |         ここ最近畑仕事が忙しかったから、
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    なかなか見る暇が無かったお。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /    
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /     (ずっとヒキニートだったから、
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /       そんな物見たことあるわけねーお。
  ヽ __     /   /   /          家でそんなような話もしてなかったし)







       ___
     /   ヽ、_\
    /(● ) (● ) \    つーか、隠れ里ってそもそもどこにあるんだお?
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |   そんなの今まで聞いたこともねーお。
  \ヽ   L       /
     ゝ  ノ            
   /   /


63 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:46:50 ID:H4mBVcC60

      __,.r;zzュ、__    ___
    ,イ / ,> '´    ` くr'´ ̄ヽ
    / ∨ヽ.,′       ヽ、   }
    ,>イ\/  ,ィ'´  / ハ  、.ヽ
    )、八/  /ナ-∠ ,イ' l l i |   それが、隠れ里の場所は
   \|,ゝ!  レ' ,ニヽイノ L | |!/    
  / ̄{. |  | /::rj'   ,ィ^Y乂!    ごく一部の者しか知らず、
  ! /入! ,.l `"    tリ /{      
  \lイ ,ハ |リ ‐- 、 _/ ヽ     各勢力の当主ですら分からないのです。
  /_r</|/ナ≧-‐,二 |  ハ|      
,///  ヽ,>‐=ニく.Y´ ̄`!} ノ ノ       
 /' |    〈  ,.イ「!ヾニ.」ノ′      ただ、婆娑羅武士志望の者であれば、
ヽl. |    `T゙了/Y77YiT「|_       
    |     Y'| ̄l/`Y'^l | |_      堺へ行けば新参者の案内人をしてくれる人が
   |    ,.ィ'   刄 く. 廾' |
    \ / /    ,.イ    |      いますので、まずは堺へ向かえばいいでしょうね。
     ヽ.      / {    |



       ___
    /     \     堺!?
   / ヽ  /  丶
  /  (●) (●) ヽ    【摂津和泉】にある、あの大都市の堺かお?
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


64 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:48:26 ID:H4mBVcC60
     ____
   /      \       それはちょっと弱ったお。
  /         \
/           \     やる夫はまだ武士ではないとはいえ、
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/      摂津和泉は敵国だし、一人旅は不安だお。
(  \ / _ノ |  | 
.\ “  /__|  |        (つーか、そもそも路銀がもう無いお)
  \ /___ /



              ヽ>l: :`:、: : :l: : : : : :l : : / /: : ://: : / / .l  l ! l l
            /l :ト、: : : ̄l : : : : : !//: //7: :,:イ /  !  ! ! l !
            7:yl: :`y‐-;l: : : : : :l,r‐'''7''‐-.、:// //  l   ,l l  li l  
            l ヽ,ト/,r' `>!: : : : : !` 、i⊃:::: /ヽ  レ'   l  /l  l /レ
             `i/`l ヽ、_!.l : : : : :l  `ー--'      ,r_レ'、,! /'レ'
               >-ヽ、__`l: : : : : :l            /)::/,! レ'      それなら大丈夫です。
             /:.:.:.:.:/、__,l : : :i: : l          i<_,/, /
              /:.:.;,;,;/;,;l! .! : : :!: !    、    _,>  / l        この茶屋の近くには早馬屋がありますから。
           /:.:.:,;,;/;,;,/!  l: : : :!: !     `ー--    /l i l    
            /:.:,;,;,;/;,;./,!  l:i : : !: !         ,/ : :l l l        婆娑羅武士志望であれば、
          /:.:,;,;,;,;,;,;,:/,!    !l: : :l : ト、     _, ''´ ! : : : :l .l !  
          `/`ー-,;,/_/    !!: : l'i ! 7ー‐<´    ! : : : :! ll.!       堺まで直行便の早馬を出してくれます。
          /:.:.;,/  `ー--.,,__ l!l : :! ! l l___;,;,:ヽ     ! :  :l lレ
          /:./: : : : : : : : : : ̄l: :l,_l .! l i `、/    l: :  ;!l        
 _,,,,,,,,___,,,..--‐'¨ヽ、: : : : : : :  : : : ! l V`ヽ/  ヽ     !: : /レ  
/: : : . `ヽ、 : : : : : : : `ヽ、: : :   . : : レ: .  / `ヽ  ヽ`ー-.,,_l :/  __       『早馬=この世界のバスやタクシーみたいなもの』
: : : : : .  ヽ: : : : : :  : : : `ヽ、: : :  : : : . /'''''''¨ヾ'、 ヽ :   レ<¨ ̄ `、


65 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:49:41 ID:H4mBVcC60
        ____
      / ノ  \\
     / (●)  (●)\         
   / ∪  (__人__)  . \         でも、早馬って目茶苦茶高いんじゃねーのかお?
   |      ` ⌒´    | 
    \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   とてもそんなもの利用する余裕はねーお。
   ノ  | / / /   (⌒) ./ / /   
/´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/    (そもそも、あんたのせいで文無しだお)
|    l  |     ノ  /  )  /    
ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /     
 ヽ __     /   /   /       



         /'テ/_'フー'´ ̄ ̄``  `丶、//   `ヽヽ     それも大丈夫ですよ。
  .      ,イ |r!ムノ-─‐  /   /⌒ ``ヽ、    ヽ}
       / |,イ,ィ'′     /     /    i ヽ ヽ     ′    これを差し上げます。
       |iヾ{iノ ´ ̄ `  l     / /  〃!|  ! 、ヽ
       {'〈iノ       l   /,/  // ! ||l   i l      .      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       ヾYノ`ヽ、    |   /,イ  // / ,l || l|           |                    |
       ,(Y)\ `' ‐ 、,|  /'〃 ,ィ,イ /!/| ,リ ,|  ! }            |   早馬無料券       |
      /::::Y、ヽ \,.- 、!   /ィフ_7ヲ7ソメ〃ノリ /!/           /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
      |:::::::|:ト、\ / '´)|  ||ノ__ヽシツイノリノ ′          / 行き先に関わらず   /
      |:::::::|::|:lヽ. ゝ、(l  || ''´ ̄ヾ  イ |´             / 一律無料。道中の .  /
      L;__」‐┘,>ソゝ‐| |  ||         ヽ|             / お食事付 *1回限り /
       |:::::|:::|'´/   l |  ||  、 _,  r'´|            /   ____       /
       |:::::|:/ー' 、    |l  i||     ,イ   |        fYr    , ‐'ュ          /
       L;/   `ヽ、.|l  |! |ヽ、 _/ | !  |      yー'〉'´ヾr '´,.ィ',イ        /
       ,ノ-‐ 、      i! |'l |     l!|  ,リ      //  '´ / ,/f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /     \   'ヽ|ゞ|}`ヽ、___ リ| ,〃      イ ´     ' / ノ スッ
     ./,.. - '' ´ ̄`ヽ、  /!::::〉、  〉 `}/,       |        ' /
     //        ヾ;、/|:::Yi:ヾ∨    l     _,..j      ,イ
    ./ l           V::|:::::|l:i::::ヽ.     l   rヾゝ      /


66 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:50:10 ID:H4mBVcC60
     ____
   /      \
  /  ─    ─\   ええええ!?
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    | いいのかお?
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|     それ貴重な物なんじゃ…



                                    / / /    ヽ、         /  iメ.
                                  / / / i l  、  \       /  ハ メ.
                                  !  i li l i ヽ ヽ   ヽ、   /   / ハ く
                                  !ハi il i l 、 ヽヽヽ   \/    / / i!イ
                                 从ハ iハ,. -‐-ハ    i    / / /i 〉
                                      ヘ   ´ |「`ヾ.|   レ'⌒ヽ ' / / i〈
       先ほどのお返しです。                 ノ    _K__ソ |   |、  l    / /ノ
                                        〈    ´    |   | 〉 /.イ   ./ /く
       それに私も山城の生まれです。        .      ヽ一      |   |ーく  //lハ.\
                                 l.ヽ     ヽ        |   |  そ' // l  l  ヽ
       足利家へ仕官希望の             | |.       \ __ ,. <!   i   /く / /i  |  }
                                 | |       ,.ヽ〉  .l  / /\ iんヘ L__!___/
       やる夫殿を応援したいですから。      | |    /´/ /   |   |‐'    〉.  / /ー〈
                              ,.-く\ i   /´) //r‐ァ  !  i|    / ヽ/ /.  /
                             /ヽヽ 〉 〉`ー' /  /|_/\从ル'´  ̄  /´ ̄`ヽ/
                             i  しし^´   /  / / i  ヽ     /     i
                             ヽ      /   /   / ∧   i     /      i
                              l     /    i  / / i  |   /       l
                             /\____/l   |_/ /  |__|   /           !
                             i       |      / /  /     i         |


67 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:51:50 ID:H4mBVcC60
             ____
           /⌒  ⌒\
         ⊂。(゚>) (<゚)。つ     そういうことなら、有り難く受け取るお!
      ⊂ /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ つ
     ⊂  |    /| | | | |     |  つ 
        \  (、`ー―'´,    /          
         ( ヽ  _____ ././
         \ \|  .,  レ゛/
           .\旨   ξン┐



         /'テ/_'フー'´ ̄ ̄``  `丶、//   `ヽヽ
  .      ,イ |r!ムノ-─‐  /   /⌒ ``ヽ、    ヽ}
       / |,イ,ィ'′     /     /    i ヽ ヽ     ′
       |iヾ{iノ ´ ̄ `  l     / /  〃!|  ! 、ヽ
       {'〈iノ       l   /,/  // ! ||l   i l
       ヾYノ`ヽ、    |   /,イ  // / ,l || l| ふふふ 思ったより早く
       ,(Y)\ `' ‐ 、,|  /'〃 ,ィ,イ /!/| ,リ ,|  ! }  ご恩をお返しできて良かったです。
      /::::Y、ヽ \,.- 、!   /ィフ_7ヲ7ソメ〃ノリ /!/
      |:::::::|:ト、\ / '´)|  ||ノ__ヽシツイノリノ ′
      |:::::::|::|:lヽ. ゝ、(l  || ''´ ̄ヾ  イ |´     隠れ里での修行は厳しいものと聞きますが、
      L;__」‐┘,>ソゝ‐| |  ||         ヽ|      やる夫殿ならきっと大丈夫ですよ。
       |:::::|:::|'´/   l |  ||  、 _,  r'´| 
       |:::::|:/ー' 、    |l  i||     ,イ   |      がんばってくださいね。
       L;/   `ヽ、.|l  |! |ヽ、 _/ | !  |
       ,ノ-‐ 、      i! |'l |     l!|  ,リ
      /     \   'ヽ|ゞ|}`ヽ、___ リ| ,〃
     ./,.. - '' ´ ̄`ヽ、  /!::::〉、  〉 `}/,  
     //        ヾ;、/|:::Yi:ヾ∨    l 
    ./ l           V::|:::::|l:i::::ヽ.     l






        ___
      /      \    (ありがとうだお。期待に応えられるようにがんばるお!)
   /          \   
  /   ⌒   ⌒   \  この女、間違いなくやる夫に惚れたお!
  |  /// (__人__) ///   |   これはセクロスフラグまで立ったお!チョロインすぐるwww
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ


68 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:52:26 ID:H4mBVcC60

         /'テ/_'フー'´ ̄ ̄``  `丶、//   `ヽヽ
  .      ,イ |r!ムノ-─‐  /   /⌒ ``ヽ、    ヽ}
       / |,イ,ィ'′     /     /    i ヽ ヽ     ′
       |iヾ{iノ ´ ̄ `  l     / /  〃!|  ! 、ヽ
       {'〈iノ       l   /,/  // ! ||l   i l
       ヾYノ`ヽ、    |   /,イ  // / ,l || l|
       ,(Y)\ `' ‐ 、,|  /'〃 ,ィ,イ /!/| ,リ ,|  ! } 
      /::::Y、ヽ \,.- 、!   /ィフ_7ヲ7ソメ〃ノリ /!/
      |:::::::|:ト、\ / '´)|  ||ノ__ヽシツイノリノ ′
      |:::::::|::|:lヽ. ゝ、(l  || ''´ ̄ヾ  イ |´ 
      L;__」‐┘,>ソゝ‐| |  ||         ヽ| 
       |:::::|:::|'´/   l |  ||  、 _,  r'´| 
       |:::::|:/ー' 、    |l  i||     ,イ   | 
       L;/   `ヽ、.|l  |! |ヽ、 _/ | !  |
       ,ノ-‐ 、      i! |'l |     l!|  ,リ
      /     \   'ヽ|ゞ|}`ヽ、___ リ| ,〃
     ./,.. - '' ´ ̄`ヽ、  /!::::〉、  〉 `}/,  
     //        ヾ;、/|:::Yi:ヾ∨    l 
    ./ l           V::|:::::|l:i::::ヽ.     l



        ___
      /      \    
   /          \  
  /   ⌒   ⌒   \  
  |  /// (__人__) ///   |  
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ


69 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:55:25 ID:H4mBVcC60

        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                  `ー-、__,|    `
             z=ニニXニー、
          ィ弋''¨斗イ´  ̄ ̄ ミ ー-    -──-、
        ィ⌒>'¨´ ┛┗         `Y´ -‐─-、. \
       rヘ/  .  ┓┏         ≠ー-、   ヽ. ヘ
        {¨〉     y    /´        ,    ヽ   ', ハ
        イ 爪辷ー‐ Z    ./          |     ハ   ', |
        .{ 人 `ミニ/    / /   /  ノ  ト     '    リ
       .ハ{  > イ    / /  ,イ  ,イ / ハ  ハ ',. |
      { |    |    イ∠チ壬升x' ル' ./  }  } } .リ
     弋ハ    r'|     l ァニニニ=ミ三ル'  丁`,イ ル′
        从   { |     |  辷Yrノ三三ィテッル'彡代
      /:::ィ:::>、 从   |   ` ̄ 三三ル'/ノヽ. ヽ.ヽ、    
     ./:::从::| |:Yヘ |   l         > /    \ \ ヽ
    ム:::{リ:::| |::| 八 ,ハ     、 ___.  ノ     ヽ ハ .}  
     |::::|:::::| |:リ   ヽ从      ー  ´        )从|
     ト斗::::レ' ヽ、     \',  、  /        彡イハ|      
       |大    \   /ソ   ̄            リ
     /  ヽ      ''xム、                         
    /       \   ,イハ 〉ー-、
           \ ./:::爪/     y辷=、 メキメキ
               /::|:::ヽ   /   二ミ、
            ヽ、. /::::|l:::::l /     ァ‐㍉
            ∨::::::|l::::ァく     / 、  |
             弋Y´   ヽミ辷ー个弋′ |
                ハ      `ヽ弋   イ、__
             /           } (ハ__|ハ ヽ、
               /         レ{    ノ   )
            /            ノ ` ̄´   イ





              ____
      ―― [] ] /      三\
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ


70 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:56:28 ID:H4mBVcC60

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃






        ヾ'''''''''-,へ     はぁ…
     ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
   /: : : : : : : : : : : : : : : !  全くセイバーの奴はどこに行ったんだ?
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!  
    /!: / ノ    `ヽ  ヽ,/  ま、一文無しのはずだから、
    レ!小●   ●  /~)   
      |l⊃ 、_,、_,⊂⊃_ノ   大方そのへんの茶屋で他所様が食べてる様を
      .ヘ        j     
     /⌒l 、 -- _ 'イアヽ    餓えた野犬のように眺めてるんだろうけど。
    ./ヾ三},' ̄   ',:::::::::l   
    .l:::::::::ノ     ',::::::::}


71 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 01:57:02 ID:H4mBVcC60

\\\\。\\ヾ~~;;;;;;)\\\\\\\\\\\\\(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, (;;,,ヽ;;;...
========================;,,ヽ;;;.(_;;::,, (;;,,ヽ;;;..._
|__||__||__||__||__||__||__||__||__|(;;,,ヽ;;;... (_;;::,, (;;,,ヽ;;;...
  ,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |     (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, (;;,,ヽ;;;...
   ̄ミヽ::::::::::::::::::: ィュy―ヽ      _ィュ_::::::::::::::::| |        | ;;;|(;;,,ヽヽ;;|;;;|
(´・ω・`)      (__/゛⌒ヽ)   /  ミY   , - -        | ;;;|  |;;;| |;;;|
  y/ヽ      ヽc ‘ー‘)  o (´<_,` 6 /  (● ●   ,l⌒_ ;;;|  |;;;| |;;;|
oooooと)      / 8 y/ヽ 8 / y/ |゛ ゝ  (__人 ̄>' 7 7 `ヽ7 |  |;;;| |;;;|
 ̄ ̄ ̄.|;;;;;;  旦 (_|O二|_.|つ| (_|Z[__)  ハ    ヽ 〈_,ィ≧ヘ"≦イ」  |;;;| |;;;|
ニニニ| |===.|ニニニソ ⌒⌒)ニニ(//ハヽソニ し     |)  И... jコ リ/> ;,|;;,|,,ノ;;;;|,ィjiw
,, 0-0| |、,,、,,|__|,,,,,,,'-o-oイ,,、,,,,,,└o‐‐o┘,,,,|_し   J    `7丱 !''ヽ〉wWwW,,wW



       ヾ'''''''''-,へ
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
   /: : : : : : : : : : : : : : : !.   お、いたいた。
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!
   /!: / ノ    `ヽ ヽ,,/   案の定茶屋に居たか。
   レ!小l●   ●   /~)
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ   あれ?でもなんか饅頭みたいな人と話してる
 /⌒ヽ.ヘ        j      みたいだけど…
 \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/--      
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.:.:.',     セイバーは一人で城を抜け出したはずだよな?



       ヾ'''''''''-,へ
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
   /: : : : : : : : : : : : : : : !.     うーん、そもそもあれは誰だ?
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!      少なくとも、足利の武士では無いし。
   /!: / l/    `ヽ u ヽ,,/
   レ!小lー   ー   /~      領民にしたって、あんな特徴的な人物、
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ       一度見たら忘れるはずがない。
    ./⌒l       j         
    /:::ヽ/,、 __,  ノ  _      京や、農地巡察で訪れた村でも
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ     見かけたこともないし。他国の者か?


72 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:00:01 ID:H4mBVcC60

       ヾ'''''''''-,へ
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_  __      まさか三好の刺客!?
   /: : : : : : : : : : : : : : : !   /
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!.  \      ・・・って、それは無いか。
   /!: / \  U / ヽ,,/  ̄ ̄
   レ!小l○   ○u  /           あいつは、この山城国や京よりも、
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
    ./⌒l       j            セイバー本人の方を手に入れたがってるはずだ。
    /:::ヽ/,、 __,  ノ  _
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ         それとも他の国の・・・しかし心当たりはないな。



        ヾ'''''''''-,へ
     ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_          まあ、大方セイバーが旅人に飯をたかったってところか。
   /: : : : : : : : : : : : : : : !          和やかに談笑してるしな。
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!        
    /!: / ノ    `ヽ  ヽ,/         まったく余所様に迷惑をかけるなんて、
    レ!小●   ●  /~)          一体いくら立て替えて貰ったんだ?
      |l⊃ 、_,、_,⊂⊃_ノ        
      .ヘ        j          
     /⌒l 、 -- _ 'イアヽ          俺今あんまり持ち合わせが無いんだよなあ…
    ./ヾ三},' ̄   ',:::::::::l          もし足りなかったら、京まで一緒に来てもらうしかないな。
    .l:::::::::ノ     ',::::::::}        
                        
                        



         ヾ'''''''''-,へ            
      ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_           って、あれ?
    ; /: : : : : : : : : : : : : : : ! { 
     ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :! ;       なんか急にセイバーが怒りだしたぞ!?
     /!: /\   u / ヽ,/ .ガクガク.
     レ!小●     ●  /~)         え?白饅頭が逃げ出して セイバーがそれを追いかけて…
       |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ ;  
    ;: .ヘ   {  }    j          うわ 2人ともこっちへ向かってくるぞ!?
 ガク …. r'⌒) ,、 ̄ __, (´ j  ;  
    ; /ヾ三}ヽ‐-‐‐ {彡'´} 
    ;; l:::::::::ノ     .|:::::::::l ;


73 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:01:37 ID:H4mBVcC60

        く/∨ /  ノ ノ / .l l ヽ. ヽ.
  ,へ、 〈_{V メ,、ィ∠ ァ' ./| ト、 l l l
   ̄`ヽ、〔(l  irァ=ゝ、// l_L|/| N
‐- 、  f,二ニl  | L!」j '"   7「!)∧レ'   こら! 
 ̄ヽ\`ニ≧|.| lヽハ , - 、_└'、ハ ヽ
    ` ̄二_|ハ. lト、 l   ソ ソ! ト. l   待ちなさいやる夫殿!
   /´くく  ! l|-ニ.`‐イz<__ヽ l|ヽ!
  ,ゝ-─'-、 jル r‐三:n'ニ〃 ヽ\!
 //.三;=ハ /゚ ー;三エ三ヽ. 〉〉ヽ
. l//'r く ヽ._〉}.l/ /  ,.♀、 ∨//
 !`く\.ン二ン/ ̄ヽ. ヽ、l. l / /|´ゝ
. ヽ、`二 _, イヽ_/\nヾtンnハj |
         ! l   l  ラ下ニ /__,L   , -、_
       ,.゙ニi:──┬┬‐r'//,ニ>‐>'"⌒ヽ



  _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__
  __,ノ
   ).やる夫は一刻も早く武士にならなきゃいけない使命があるんだお!
  ソ.
 ,) セイバーさん このチケットは有り難く使わせてもらうお!
⌒ヽ
  ノ.                      また会おうだおー!!
 ⌒ヽ
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´`



                                                 _ 、
                                                 く´イ
                                                  | ̄|
                                           ,-、_    ./ .|
                                           ヽ_ノ_ '\ ./ . |
                                              \// ̄`l
                                              / ̄ヽ   |
                                              \  ヽ  └¬、
                                              .  \ ヽ _/"ヾ')
                     ____                       / ,-i⌒!
           r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\                     l__.i `゛´  ナンデサッ
          / \  \. / ( ○)}liil{(○)                    .l、ッ
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
             /  .\     i⌒ェェ|   /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、`   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\\ ,,_人、ノヽ   ドンッ!!
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ)ヽ    (
         .i /  //  ./     - <       >─
         .ヽ、_./ ./  /         )     て
             ./ /          /^⌒`Y´^\
           .ノ.^/
           |_/


74 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:02:20 ID:H4mBVcC60

      _,,-‐‐-、
     ,r",r' ̄`7ー` ̄ ̄ `ヽ、
     レ´ ,r'´'´       ''`ヽ、
      ,f,.' ,'  ,' i i ',  `、 `、
      f.,' ,i'  i  i'i ! .i,  i  .i  
      i i ,i  ,i  i .i i,  i,  .i  .!
      i ヽi、__,i,,!-i' i,ーi、,,,,i、__i  .i    …ふう
      i  i ヽ! ヽ!  ヽ,!` 、i`、!  .!
      i ; i`ー-‐'   `ー-‐' i ; i     まったく、困ったお方です。
      i ; i'、///    ///∪'i  ;.!
      i ; i>ヽ、  _   /-! ;/ 
      i, ; !ヾ,;/`iー--‐i'´ヾ;,/i ./  
.      i,_i, i;;;</ `ー'7k''´'`、;i;;;レ,_
     ,r' ヽ! _>-ーi''''iー-<  f´ `、
     !   `、ヾ:.:,r'7-iヾ.:.:.`;/   i
     !    ', `i-"! !:.i`ー'/    !
     i    .', ,!:.:i  !:.:i,./     ,!
     i     .',ー'  ー`!  ,'  ,!
.     i     ',    ,'  ,.'   !
.     ヽ     .',   ,' ,.'   ,!














     ヾ'''''''''-,へ
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
   /: : : : : : : : : : : : : : : !.
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!   俺はセイバーに困ってるけどな。
   /!: / l/    `ヽ u ヽ,,/
   レ!小lー   ー   /~
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
    ./⌒l       j
    /:::ヽ/,、 __,  ノ  _ ムクリ
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ


75 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:03:20 ID:H4mBVcC60

            /        ヽ ヽ   `、 l'ヽ >、_!
             /  /    i、  i、、ヽ ヽ `、 `、! ヽヽ >
          /  !  i   ! ヽ lヽヽヾ ̄、''‐ト、 l ヽト、! ,r'''7       あら シロウ。
           ! i  l i ! ,ir‐ `、 ! ` ヽヽ,,,,_ヽl ヽ!  ! /,r''′
            !/!  ! ! .l/ lヽ__ `  '´io l ,ト、! ! /`<,r'ー-、,,,,,,,__    いたのですか?
            l! ヽ ト、ヽト、lfioヽ`     _!___!, ヽl l/l  l,r'''' ̄`ヽ、 ̄ > 
             ヽ ! ヽ ヽ`!__,!      / / ,ト、 l''''! l、     `ー'´  ダメじゃないですか。
             ` _,rヽ ヽ    '  ,   /l/ l lヽ! l ヽ、          
            ,r<、 l l`ー` - ,_  ̄   / ,!ヽ_!l,r'‐‐'-、 _>       足利家の重鎮が、
            f> l ! !/ >ヽ `、 ̄,!T ´  /  ! /     ヽ
             !ヽ_!_/ l   `、 >'_,/__,,/  //        l       こんなところで油を売っていては。
           l´ヽ  ! /_,r‐'''´ヽ!''7’ >、 / !        !
           ,!  `ー‐' `! /,r'´,r'7l`ト、 `、V l        l
          ,rl、      /! `''´ / l l ヽ ! l          !
            / ,!、`ー-  /     / l  !  !''’ !          !



       ヾ'''''''''-,へ
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_  __  ちょっ!?
   /: : : : : : : : : : : : : : : !   /
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!.  \  セイバーが言うかそれを!
   /!: / \  U / ヽ,,/  ̄ ̄
   レ!小l○   ○u  /
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
    ./⌒l       j
    /:::ヽ/,、 __,  ノ  _
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ


76 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:05:12 ID:H4mBVcC60

       ヾ'''''''''-,へ
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
   /: : : : : : : : : : : : : : : !. 
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!   全く…お前もいい加減、自分の立場を弁えてくれ。
   /!: / l/    `ヽ u ヽ,,/
   レ!小lー   ー   /~    この足利家は、お前の双肩にかかっているんだからな。
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
    ./⌒l       j      いくら内務が嫌いだからと言って、
    /:::ヽ/,、 __,  ノ  _
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ  こうたびたび城を抜け出されたら適わん。




  .      ,イ |r!ムノ-─‐  /   /⌒ ``ヽ、     内政に関しては、妹がいるじゃないですか。
       / |,イ,ィ'′     /     /    i ヽ ヽ   
       |iヾ{iノ ´ ̄ `  l     / /  〃!|  ! 、ヽ    私はあがってきた報告書に目を通すだけですから。
       {'〈iノ       l   /,/  // ! ||l   i l
       ヾYノ`ヽ、    |   /,イ  // / ,l || l|
       ,(Y)\ `' ‐ 、,|  /'〃 ,ィ,イ /!/| ,リ ,|  ! }     …しかしそうですね。
      /::::Y、ヽ \,.- 、!   /ィフ_7ヲ7ソメ〃ノリ /!/
      |:::::::|:ト、\ / '´)|  ||ノ__ヽシツイノリノ ′     もうこんなことは無いように致します。
      |:::::::|::|:lヽ. ゝ、(l  || ''´ ̄ヾ  イ |´ 
      L;__」‐┘,>ソゝ‐| |  ||         ヽ|         ええ これを最後にしますよ。
       |:::::|:::|'´/   l |  ||  、 _,  r'´| 
       |:::::|:/ー' 、    |l  i||     ,イ   |         やる夫殿が仕官されたとき、
       L;/   `ヽ、.|l  |! |ヽ、 _/ | !  |
       ,ノ-‐ 、      i! |'l |     l!|  ,リ         失望されては困りますからね
      /     \   'ヽ|ゞ|}`ヽ、___ リ| ,〃


77 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:05:38 ID:H4mBVcC60
      ヾ'''''''''-,へ
   ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
  /: : : : : : : : : : : : : : : !. 
  ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!   やる夫って、あの饅頭みたいな人の名前か?
  /!: / l/    `ヽ  ヽ,,/
  レ!小lー   ●   /~     なるほど。彼は【新参者】だったのか。足利家希望とは嬉しいな。
   |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ 
   ./⌒l       j       それにしても、般若のような形相だった割に、
   /:::ヽ/,、 __,  ノ  _
  ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ     やけに機嫌が良いな?




     /Y /: `ー--l : : : : : /: : : / /. : : / / . ,! /l   ! l  iヽ
      ヽ>l: :`:、: : :l: : : : : :l : : / /: : ://: : / / .l  l ! l l
     /l :ト、: : : ̄l : : : : : !//: //7: :,:イ /  !  ! ! l !
     7:yl: :`y‐-;l: : : : : :l,r‐'''7''‐-.、:// //  l   ,l l  li l   フフ
     l ヽ,ト/,r' `>!: : : : : !` 、i⊃:::: /ヽ  レ'   l  /l  l /レ
      `i/`l ヽ、_!.l : : : : :l  `ー--'      ,r_レ'、,! /'レ'    確かに、彼は困った部分も多いようですが…
        >-ヽ、__`l: : : : : :l            /)::/,! レ'
      /:.:.:.:.:/、__,l : : :i: : l          i<_,/, /        しかし、どこか憎めないところがありますね。
      /:.:.;,;,;/;,;l! .! : : :!: !    、    _,>  / l
    /:.:.:,;,;/;,;,/!  l: : : :!: !     `ー--    /l i l 
    /:.:,;,;,;/;,;./,!  l:i : : !: !         ,/ : :l l l        隠れ里でも、彼の周りには不思議と人が集まるでしょう。
   /:.:,;,;,;,;,;,;,:/,!    !l: : :l : ト、     _, ''´ ! : : : :l .l !
   `/`ー-,;,/_/    !!: : l'i ! 7ー‐<´    ! : : : :! ll.!       もしかしたら、お仲間を引き連れて
   /:.:.;,/  `ー--.,,__ l!l : :! ! l l___;,;,:ヽ     ! :  :l lレ
  /:./: : : : : : : : : : ̄l: :l,_l .! l i `、/    l: :  ;!l         足利家に来てださるかもしれません。


78 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:06:21 ID:H4mBVcC60

     ヾ'''''''''-,へ           さっき会ったばっかりなんだろ?
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_     
   /: : : : : : : : : : : : : : : !.     随分とまあ、気に入ったものじゃないか。
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!   
   /!: / ―   ―   `ヽ,,/    貴重な無料優待券まで渡していたようだし、先行投資ってことか。
   レ!小l●   ●   /~)    
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ     
 /⌒ヽ.ヘ        j       …まさか、飯を食わせてもらったからってだけの理由じゃないよな?
 \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/--     
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.:.:.',      どうせ物欲しそうに眺めていたんだろ。全く困った奴だなあ。




          |,  |   '.!   | |! l  | | |    \  | ヽ 、\ _iィゝ Y l.  │ |ノ! }
           ゙   | ヽlゝ._ | ゝヽ._| __ ィ     、,ゝ_!-‐\!" \!  ゝ| |   !  |メイ
           ゝ ハ  | ヾl` ! ̄ヽl  ヾ      ヽ   \      | l   |  レ j
            \! \!                      - ___ _, ノ │'   l  |ノ
               |` 'ヘ  、    ,_ "            ` ー‐ '"   |     i. | }
               |  |∧ ヾ 二.ノ'´            / / / /   |      |/
               |  |  ,. / / / /                       |      |
     .     .    |  ! ∧         ノ                  |  ,   |
              │    ヽ           _             ,./| │   ,リ
              !  i   l !::|ゝ         l/__)       ィ 三j ! |   ,__
             i  ヾ   :|三;_ゝ               , ' |三' ,イ '  /三ヽ
                 ヾ \ :::|三三三> 、       ./   |≡! |     /;:三三\

                            違います!


79 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:07:21 ID:H4mBVcC60

『このレスは飛ばしてください 読む意味はありません』

          〈 |ヽ/  /   / / /  ハ l  l|  、ヽ
   / \     ∧lヽ/ `7、 / // /! / | |  l|  l. l
   `丶、ヽ、 〈  |,ニ!   ! .>< /// /  | l|  ||  |l|
       ヽ\/ヽ.| l | 'T丁「 ̄`iく / /  l /l  ハ  ハ|
 ̄`ヽ、   /´ ̄`ヽV l  || l_/r/ 冫/ , ィ=チ、「 / ノ / l|
 ̄ \ \ 〈 -- 、 |!|  |└-‐′     /i _/ ノレ'V ノ  ″
    丶`ー-==-┤!l  l | Vヽ ,--- 、  Lン / ヽ\
     , -`─z- ニ_| !|  l |  /  `ヽ/ ヽヽ ∧  ト、ヽ
   /  <<  `!トl  l l\l    /   /  l  l ヽ`、
  / , =-─-= 、   l| l l トニ`ー-イ-‐ ', -─-、l.  l ヽl
  >'´ニ_-三‐三} \   l l.|    ̄T `T′    ヽ  |  !
_/ // , -=ニぅヽ ヽ/ | l/ ̄      ̄`丶、    l  |
l // /_厂ニr'⌒ヽ  l /              ヽ    l |
l l | /_「,-〈  l  _〉ゝ|/    , -─ …─- 、   l   l l
l l」_|__人 ヽ _lニ-イ. |  /    〃  ヽ \ l  / V
`、`'く   \ >r=^>/ヽ.l        lj    ∨  く、
  \ `ー'`ー'^ー '´/   ヽ、 r 、 「i  /7 ノ! |  ̄「
    ` ー---一'"「    /\ ヽヽ l l f l l 'ノ,∧ |
             |\_/   `0、`ー='"イノ l  |
            ヽ.  ̄ | -==.シィ丁ニ二| l
               \  |   ̄/ノ | lj _」/ ̄ヽ、  />-,=‐- 、
          r─-/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄l ̄|l/∠、´ `ー->'/    /)

いいですかシロウ!

確かに、私はやる夫殿にご馳走になりました。
しかし決して。いいですか?決して私からねだった訳ではありません。
ましてや、それを期待してやる夫殿を眺めていた事実もありません!

私はそう…やる夫殿に何かを感じたのです。何を、と言われてもうまく言葉で説明できないのですが…
素質?才能?宿命?運命?まあとにかくそんなようなものを感じたのです。多分きっとそうなんです。
それ故に、図らずも彼を凝視する形になってしまった事実は、まあ否定しないでおきましょう。

しかしそれだけです。私はやる夫殿本人を観察していたのであって、
決して彼が食していた、お団子を見ていた訳ではないのです。
ええそうです。やる夫殿を観察していたのですから、
彼の口元に運ばれるお団子が視界に入ったとしてもそれは不可抗力なのです。

そして観察していたことをやる夫殿に気づかれてしまったとき、
たまたまお腹の音が鳴ってしまったことも不可抗力です。
いかに鍛練を積もうとも、生理現象はどうしようも無いのですから。
シロウだって何も食べてなければお腹が鳴るでしょう?ましてやお昼時です。
今朝は忙しくて、朝食を充分に摂る時間が無く、どんぶり5杯しか食べられなかったのですから。

そしてお腹が鳴ったことにやる夫殿が同情し、食事を共にしようと申し出てくれた時、
最初私は断るつもりだったのです。本当です。
何故なら私が観察していたのはお団子ではなくて、やる夫殿なのですから。
餡と、きな粉と、みたらしの3点セットでとっても美味しそうだななんて、
欠片も露ほども思っていなかったのですから。

しかし、申し出を辞退しようとした私に、やる夫殿はその天性の人たらしの才能を発揮したのです。
本心では辞退したい。しかしそれを許さない何かがやる夫殿にはありました。
その時私は思ったのです。より近くでやる夫殿を観察するために、あえて申し出を受けることしようと。
いいですか?私はやる夫殿に食事をさせて頂いたから彼を気にいったのではなく、
彼を気に入ったあとで、食事を共にさせて頂いたのです。


ですから、シロウの言った理由は全然まったくこれっぽっちも当てはまりません!!


80 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:09:03 ID:H4mBVcC60

              ヾ'''''''''-,へ
           ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_  っ っ
           /: : : : : : : : : : : : : : : ! っ っ っ
         ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :! っ っ っ
         /!: / ノ    `ヽ ヽ,/
         レ!小l>    <   /~)       
           |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ      ああもう、わかったわかった!
         /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i      
       \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /     俺が悪かった!
.         ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/



      __,.r;zzュ、__    ___
    ,イ / ,> '´    ` くr'´ ̄ヽ
    / ∨ヽ.,′       ヽ、  
    ,>イ\/  ,ィ'´  / ハ  、.ヽ  そうですか?
    )、八/  /ナ-∠ ,イ' l l i | 
   \|,ゝ!  レ' ,ニヽイノ L | |!/  それならば結構です。
  / ̄{. |  | /::rj'   ,ィ^Y乂!  
  ! /入! ,.l `"    tリ /{    
  \lイ ,ハ |リ ‐- 、 _/ ヽ   
  /_r</|/ナ≧-‐,二 |  ハ|  
,///  ヽ,>‐=ニく.Y´ ̄`!} ノ ノ  
 /' |    〈  ,.イ「!ヾニ.」ノ′   
ヽl. |    `T゙了/Y77YiT「|_   
    |     Y'| ̄l/`Y'^l | |_   
   |    ,.ィ'   刄 く. 廾' |
    \ / /    ,.イ    |   
     ヽ.      / {    |
      /\   / ハ\_ /


81 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:10:08 ID:H4mBVcC60

      ヾ'''''''''-,へ
    ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_    (まったく…)
   /: : : : : : : : : : : : : : : !.
   ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!   それで?
   /!: / l/    `ヽ u ヽ,,/
   レ!小lー   ー   /~    彼を観察して、結局その【何か】とやらは分かったのか?
     |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
    ./⌒l       j
    /:::ヽ/,、 __,  ノ  _
.   ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ



    / f ´/                   ゝ― 、
   ,' 人/      /                ヽ \   いいえ、わかりません。
  .l 〉/ー    /    /  /       l   ∧  
  .K´l\   /    /  /   ,イ   l!     l   やる夫殿は今まで、戦闘訓練など全くしたことは無いでしょう。
.  ∨l      ,    . イ .`/ヽ、 /'/  /.!  l | 
   〈 l    ,イl      |,f子<ノン  ./ | | |   はっきり言って武芸の才能の片鱗ようなものは
  / ∧   { (.!  .|  |弋うソ}彡_.イ _..ム  .| | 
  / / ∧  ヽ_l   |  |  `´ ′   _从  .l 人  何も感じられませんでした。
 .l l l ∧ ,ミl   |  |         fソ/ン_彡
 .L_lノ/ l∨ l   |  |         }イ  /      体型もちょっと…アレでしたし。
  |   |  l l  .|!  |  |  ` ー 、 ン   ′
  |__|. ,fレ、 l|  |l |     ..イ   .| 
     ノ  \|l  |l ト、- ´  .|    |
_. <       !l   ト、.!,ヘ-―- 、!  l |     しかし、彼はきっと足利家に無くてはならない存在になると思います。
    `ヽ    'リ从ノ.∧!lヽ\  リ  ,リ
     ∧    ,.イ`}⌒{::`:.<. 从ノ`i     根拠も何もありません… 何故かそう感じてしまうのです。
      .∧   /:::::,イ.下`::<::::`i   |
        ∧_〈:::::/イ:::::! `ヽ、_>ヘ  |


82 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:10:56 ID:H4mBVcC60

      ヾ'''''''''-,へ
   ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_   
  /: : : : : : : : : : : : : : : !.     そうか  セイバーの勘は当たるからなあ。
  ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!   
  /!: / l/    `ヽ  ヽ,,/    
  レ!小lー   ●   /~     …まあ、その勘が当たれば大儲け。外れたとしても、
   |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ    
   ./⌒l       j        名主の許可が下りた婆娑羅武士なら、まったく使えないってことはないだろう。
   /:::ヽ/,、 __,  ノ  _     
  ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ    
                   



        レ!ミミ--.,/   :/  / // ./:/! : ::'':::|     
       (レ!`ミ._ミY   ./ .:/.::/:/ /:/.| :: :: ::!|  …シロウ
      f.,.|, `.,.,_!   .ヒ-く..,,_/ / / .| :/::| :H!.
        V'!.,V"-.|   f7 ̄"7-,`'-/ //://:ノ/   その言い様は少し不遜ではありませんか?
      ノ ハ, .!ト-,|  i N.,__Z   '"   ,テ,"レ"
      / .//!`.'.,_'|   |.| ヽヽ     /7/!     彼ら婆娑羅武士達が
        .//| >| ::. :|.!         ゝフ::::L
        | |レ'| !.!: ::.:|.|     ―-_,.ィ"::::|`      闇の者と戦ってくれるからこそ、
        | .L∠.,|ト::::|j''-.,_  ,.-'" ! :: !
        y'.,,__  |`!:/ト.,,_!入、   ,| :| !     我らは領国の経営や、他国との外交、戦に専念できるというのに。
    _,,.-'"-...,,__   レ/ /'ヒ.,_`''.'''く.| :/ハ.,
/ ̄~,        \_'   ハ., `''\!::::レ'::::::. \      
    '!          \,/ /ト,く;;/"fヽ,: '::: .. \_               (シ)『ああすまん。だけどな…』
      |::::.         |  |;/ .ト,Y j',r''".\ヽ  ::..':::::\


83 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:14:01 ID:H4mBVcC60

                                              _ ,
                                           __ノ´:/   __
                                          /:.:.:.:./ノ´ ̄´::::<
                                   ヽ、 /i./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\
                                    )∨:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、_
                                   /:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ一`
                                   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:./ ヾ;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
家老なんてものをやっているとだな、           \{:.:.:.:.:.!:.:i:.:|:.:.〃     `''ミ::::::/ ヽ::::::::::\|
                                \,__ヾヘ::::i:::レ:レ′     /  ミ{ (、 )}:::::::ヾゝ
なかなか己の心のままに振舞う訳にもいかんのさ。   \`:.:.:ヘヾ"     ,、<,rャソ    ) ノ!::::::!:::i
                                   `\ヘ      _/<弋歹     ソ::::::::iヘゝ
                                      ヾ、  ヾ彡"´`        iヽ::::::::',
                                       弋心            ! ヘ!レヘ
                                        `'" }         ,       ルヘ
                                          ヽ !、_,,,、   _/    /    >ヘ、__
                                       キリッ   ` 、 ー "     /   ,、'´;;;;;;;\>.、
                                              \   /  _,、-';;;;;;;;;;;;,、-'´::::::ヘ_
                                              ___> 〈 ┌''´;;;;;;;;;,、-'":::::::::::::_,、;'´`ヽ
                                             /::::::i;;工),,,L;;,、-'":::::::::::::::_,、;'´:::::___
                  【足利家 四天王】池田・士郎・勝正     ∧::::::/7´:.:.:.:.:.:.:!:::::::::::::::::/:://´:::::::::
                                         __,、;'´i!::〉∧/:.:.:.:.:.:.:.:.:i::::::::_,,/://:::::::::::::::::::




















      _,,-‐‐-、
     ,r",r' ̄`7ー` ̄ ̄ `ヽ、
     レ´ ,r'´'´       ''`ヽ、
      ,f,.' ,'  ,' i i ',  `、 `、
      f.,' ,i'  i  i'i ! .i,  i  .i     それは当て付けですか?
      i i ,i  ,i  i .i i,  i,  .i  .!
      i ヽi、__,i,,!-i' i,ーi、,,,,i、__i  .i
      i  i ヽ! ヽ!  ヽ,!` 、i`、!  .!
      i ; i`ー-‐'   `ー-‐' i ; i
      i ; i'、///    /// ,'i  ;.!
      i ; i>ヽ、  _   /-! ;/
      i, ; !ヾ,;/`iー--‐i'´ヾ;,/i ./
.      i,_i, i;;;</ `ー'7k''´'`、;i;;;レ,_
     ,r' ヽ! _>-ーi''''iー-<  f´ `、
     !   `、ヾ:.:,r'7-iヾ.:.:.`;/   i
     !    ', `i-"! !:.i`ー'/    !
     i    .', ,!:.:i  !:.:i,./     ,!
     i     .',ー'  ー`!  ,'  ,!
.     i     ',    ,'  ,.'   !
.     ヽ     .',   ,' ,.'   ,!


84 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:14:31 ID:H4mBVcC60

      ヾ'''''''''-,へ
   ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
  /: : : : : : : : : : : : : : : !.   そう聞こえたんなら、
  ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!     そろそろ城に戻ってくれセイバー。
  /!: / l/    `ヽ  ヽ,,/   
  レ!小lー   ●   /~      …いや、
   |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ     
   ./⌒l       j           お戻り下さい。「上様」
   /:::ヽ/,、 __,  ノ  _
  ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、.:.::.'ヽ  



  / /  / /  l        l  l        l ー -ヘ )
. / /  / /  /|   !   !     l  l    l   ! _ ,,ハ \
../ / / ! i  / .|  |l  |  l    !  l    l   l   / l ノ
  l  l | | /  l  ! l  l l  l    l. l    l   ! / /l >
  |  |、,! ∧ !  l l l l l .l l   ! リ /  l   ! イ  lイ   …分かっています。
  |,l l Χl' l |   l l  l l'  l l \ ノX! !   l   l'/ / /ノ
\| \!ヽ ゝ⊥ノ  \ \_\イ \ | l   l   ト、ノ ./|      先程も言いましたが、
  \ | l                | l   !.  l゙マ. /イ
    !  l ミェェァ'     ミ=ュェ≡彡 ! !  l.  |ソ./ノ        今後このような真似は控えます。
    !  l l                  l |  ノ   ! ノ、
    !  l 〃〃 ,     〃〃〃  |       l::::::::\
    !  l  ヽ   ___.          l  l   l\:::::::::\
    !     l \ ヽ _ヽ      |  !  /ヘ \:::/
    l     l  ヽ     , <.  !. l  /:::::ヘ


85 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:14:50 ID:H4mBVcC60

 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
         , -===- 、   -─≠< _
        /     .  ´ ヽ  /    `ヽ L
         !   /             ヽ}   _
            , '′         \    Ⅵ} 〈_ハ_〉
        / /      ヽ  ヽ ヽ   V  |∨|     やる夫殿
          //    ,  ,ハ ト、ヽ \ ヘ  ,ハ |  |
       / /   ,' / / l | \\ \ } |,'| |  |     我が足利家は、
.      / /   / /レ′ j/   ヘ/レ'ヘ i/ | |  |    
     ///   ≠==‐- 、   '´ィf寸7∨ | |  |     あなたをお待ちしておりますよ。
.    //// /,ハ く下f,ハ     k少′/    |  |
ーー=≠¬ 7 // /,ハ ヾ辷 !       厶イ/  |  |
  /    ///  i/  ヘ      ,     / レ' , -- 、
      ///|  {     \   ー '′ イ,' / / / ̄`ト、 
ー‐-=≠イ ,ハ|          `  . _ / |レ'  i  / ̄`V   
.   /   レ' >─-  . _ , ┴ 、  / \_{   / ̄_}- .       
.       /       /    /Vヽ  _j_}   /||ハ  >───
      /    i ,   「三二ニ=仁l=/ /    / 八_j/
    r<.     |/    `ユ二ニ. ィ 7   ,  / '´ ̄`ヽ、
    i  `>- L..   -‐  ´   /   Lf7´ ̄\    ヽ
   ,  /             /{    //    ,ハ    } -‐==ニ
   /                 ヽ._//    / !  /フ
.  /                 ,. イ   /    / V_/ 7´
 /        /      .   ´ /  〈      ハ_j i_ハ /
 廴__ ∠  -┬  ´    / /   i i ii r、 ijレ' `V i
           ∨       '     | | || | | |j r - t |
              ヽ.  -────ーレ| || | レ | 〉r、〈 |
               /           レ'リ | | L} {」 |
            /               | | ト、rイ |
              /                   | | Lハ! |
          r¬=- 、               | ト、   /|
            /     \              | | }Y{ |
  【足利家当主 征夷大将軍】足利・アルトリア・義輝

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___





                                  __  __00 .,勹
                                 └‐¬ |└‐¬ |   く く 
                                   l二ノ   l二ノ  . .\)


86名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 02:16:34 ID:XBHs46Jk0
おつー


87 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:17:55 ID:H4mBVcC60


┌─────────────────┐
│第一話はこれで終了です。         │
│                         .│
│第二話は明日の夜を予定してます。    │
└─────────────────┘













   ノ^ ,, -― @^ヽ  
  / / l__i_、iLiLl ヽヽ _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
. / / | |# ゚д゚ ノ | | | > ヒロインが1話に出てこないとか、どういうことですか!  <
/ / ◎⊂l ヽ-' l l丶l丶. ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^. ̄
 ̄    /ヽ (    ) 
     (ノ ̄と、   i  2話には出る!出るから!
            しーJ


88名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 02:18:11 ID:0u.61th20
乙 

>セイバー
こいつ剣豪将軍か!


89名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 02:20:40 ID:2/4Aeqvk0
乙でした。
剣豪将軍様、農民にたかるとか何してはるんですかw


90名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 02:21:05 ID:2F61ApDI0
乙カレー
明日も期待しているでござるよ


91 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 02:25:59 ID:H4mBVcC60
投下は初心者なので、ものすごく緊張しました。
順番は間違えるし・・・

コメントが思ったよりも多くて、びっくりしています。
ありがとうございます。とても嬉しいです。

遅くにありがとうございました。
それでは、おやすみなさい。


92名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 02:34:09 ID:cwGgIQF.0
乙でした~。

>>87
へ?どう見てもヒロインは剣豪将軍様でしょ?


93名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 03:25:35 ID:cdCZxCbo0
乙。最初からあまり無理せんと頑張ってねー。
一昨年秋から休止中の浅井家傾奇者も、ここを見守ることにしますw

隠れ里のモデルは丹波国じゃないか、なんて話もどっかにあったけど、
さてどうなることか。


94名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 04:04:59 ID:naYN7iHg0
>>1
久々に信onの音楽聴きたくなった


95名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 04:24:16 ID:y5v6FfEE0
乙でした
家老量産マシーンこと池田君が士郎かあ
昔の上司だったので感慨深いなあ


96名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 05:30:33 ID:RnJ5yG4k0
乙でした。確かに音楽凄く聴きたくなりますな……。
飛竜時に引退しちゃったけど、岡崎であいくち打ってた思い出は忘れられない。


97名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 09:12:08 ID:Qv/pAFxM0
信オンやる夫化は以前、あったんだが
いつの間にかエターになってたんだよなあ。
とにかく乙。頑張ってください。


98名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 11:01:13 ID:U3zc1qkk0
サービス開始から争覇までやってた
音楽最高だったよね
色々と思い出深いゲームなので頑張ってほしい


99名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 11:07:36 ID:U3zc1qkk0
>97
武将とかをオリジナルにしてストーリーにからませすぎて
あれ、これ信onじゃなくてよくね?みたいな感じになってた気がするな


100名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 11:10:13 ID:cdCZxCbo0
時代(ヴァージョン)ごとの、職(特化)の流行り廃りなんかも織り込んでもらえると、
現在浪人(ゲーム休止)中の読者もにやりとできそうだなw
(要望まではしませんので、あくまで参考までに)


101名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 12:20:54 ID:2HChTkKg0
>>100
足利がある時点で無理じゃね?
精々隠れ里の人間か修行人に昔を語らせるくらいしか…


102 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 18:37:34 ID:H4mBVcC60
本日20:00より投下予定です。


103 ◆lHfqG6oJKs:2012/05/30(水) 18:51:31 ID:H4mBVcC60

乙と感想を下さった皆様。大変ありがとうございます。


>>5
あれは致命的な失敗でした。

>>95
私も上司でしたので、苦労しました。

>>97
あの作品でやる夫を知りました。
これを作るのに、かなり参考にさせていただいております。(パクリとも言う)

>>96
>>98
最新の鳳凰の章でも、相変わらず音楽だけは最高でしたよ。

>>99
まあ、FF11とは違い、当時の信Onはストーリー性が皆無でしたからね。
ちなみに、この作品はもっとヒドイと思いますよ。

>>100
それは面白そうですが、私の力量的に少し難しいかもしれません。


104名無しのやる夫だお:2012/05/30(水) 19:02:24 ID:c9hfO3t60
>パクリ
つまり村娘があんなことやこんなこ(ry
関連記事

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://46492121.blog106.fc2.com/tb.php/917-d9de0a7b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。