ドラクエの勇者たちを同じ部屋に閉じ込めてみた

ドラクエの勇者たちを同じ部屋に閉じ込めてみた

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 12:22:47.89 ID:r2zohVtu0
1勇者「とりあえず自己紹介からしよう、俺の名はああああ」

2勇者「俺の名前もああああ」

3勇者「俺の名もああああ!」

4勇者「僕はああああ」

5主人公「僕の名前もああああだよ」

6主人公「俺の名もああああだ」

7主人公「僕もああああ…」

8主人公「例によって俺もああああだ」

9主人公「僕の名前もああああだよ」

1勇者「…お前ら親から愛情受けてないんだな」

3勇者「お前もな」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 12:24:46.57 ID:lteVI4kt0
6は妹がお兄ちゃんって言ってくれるからマシ


にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 12:32:07.21 ID:r2zohVtu0
1「呼びにくいから順に1号2号3号って呼んでいこう」

9「ネーミングセンスが古いなあ」

1「うるせえ、で、俺は勇者なんだけどお前らの職業は?」

2「俺も勇者です」

3「マジで?俺も勇者だよ」

4「僕も勇者だ、もしかして勇者ばっかり集められたのかな」

6「俺も今は勇者だな…」

7「僕もこのあいだ勇者に転職したばかりだよ」

3「ちょっと待て、勇者って転職でなれるもんなのか!?」

7「うん、それでそっちの3人は?」

5「えっ、えーと僕は…魔物使い…いや、王族かな?」

9「えー…まあ、バトルマスターというか天使というか…」

8(職業って何だよ…スキルじゃないのかよ…)



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 12:42:43.60 ID:r2zohVtu0
1「んで、俺もお前らもどうしてこんなとこに来たんだ?」

2「俺は宿で休んでたら突然…」

3「俺もだ、他のみんなも同じような状況じゃないのか?」

7「だね、とりあえず状況を整理しようよ」

5「部屋…というか建物は一般的な宿と同じような感じみたいだね」

6「でもドアとか窓は開かないし人もいないな」 ギシッ

4「魔王の罠かもしれないね…くそっ!」

3「いや…この際の問題はそんな些細なことじゃない…」

8「どういうことだ?」

3「これだけの人数がいるのに女の子が一人もいないことだ!!」

9「!!!」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 12:53:25.73 ID:r2zohVtu0
3「みんなパーティに女の子の1人ぐらいいるだろ!?どうして連れてこなかったんだよ!」

1「ふざけんな!冒険に女なんて…」

4「そりゃ女の子だったら何人かいたけど…」

1「!?」

5「連れてきてても僕の妻と子に手出しさせるもんか!」

1「妻子持ちだと!?」

3「くっそおおお…せっかく戦・賢・僧でハーレムパーティ作ったのに…!」

9「僕だってそうだ!せっかく他のみんなは全員女の子雇ったのに!」

6「お前ら妹に手出したら殺すぞ」

1「くっ…どいつもこいつも…7号!お前はまさか大丈夫だよな!?」

7「ごめんなさい、僕のところは幼馴染でツンデレの女の子がいるから…」

1「それなんてエロゲ」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:01:26.26 ID:r2zohVtu0
8「何やってんだこいつら」

1「うるさい、俺はもう誰も信じない」

2「貯蔵庫に食料ありましたよ、一月ぐらいは持つんじゃないかと」

6「おっ、それじゃ腹減ったし適当に何か作るか?」

5「みんな料理なんて作れるの?」

1「リカントの塩焼きぐらいなら何とか」

8「モンスターハンターかよ」

2「俺はいつも他の二人にやってもらってたからなあ…」

7「料理ぐらいだったら僕が作るよ、漁師の息子だもん」

3「あれ?お前さっき勇者って言ってたじゃん」

7「多分3号さんのところとはシステムが違うんだよ」

3「何か遠回しに馬鹿にされた気がする」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:03:11.12 ID:bCGN2+KTO
アンチョビサンド食べたくなってきた


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:06:03.43 ID:Cn8uA3JCO
5の勇者って息子だろ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:07:22.05 ID:jB7g9SjZ0
>>12
息子が来ちゃったんじゃない?


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:07:32.34 ID:vgnwQk2C0
2に勇者はいないだろ
てか6以降って職業勇者ってだけじゃなかったか


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:14:26.15 ID:r2zohVtu0
3「で、お前ら出身はどこなんだよ、俺はアリアハンなんだけど」

5「僕はグランバニア、みんな知ってると思うんだけど…」

9「知らないなあ…僕は天か…ウォルロ村の出身だよ」

4「僕は山奥の村だ、もう滅びちゃったけどね…」

6(こいつ重いな…)

2「俺はローレシア出身だけど…みんなの出身地全然知らないな…」

1「うーむ、アレフガルドの街は全部網羅したと思ってたのに…ちなみに俺はラダトーム出身な」

2「えっ!?」

3「へえ、ラダトーム出身か…大変だよなあ、ゾーマのせいでさ…」

1「えっ?」

3「あれっ?」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:16:22.48 ID:K/ltXndh0
主人公が集まったら誰も喋らないじゃないか


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:25:42.73 ID:r2zohVtu0
1「あれ?ゾーマって大昔の魔王だろ?今の魔王は竜王じゃん」

3「は?竜王って竜の女王の息子だろ?何であいつが魔王なんだよマジで」

7「ちょっ、ちょっと待ってよ、魔王ってオルゴ・デミーラのことじゃ…」

4「いや僕はエスタークのことだと思ってたけど…じゃなかったらデスピサロ?」

6「おい待てよ魔王って言えばムドーとかデスタムーアのことじゃないのか?」

5「みんな違う魔王と戦ってたのか? ってことは…」

2「いや、ちょっ…そもそもアレフガルドって滅亡してますよね!?」

1・3「なにぃっ!?」

8「お、落ち着けお前ら!口調が安定してないって言われてるぞ!」

9「元々喋らないから仕方ないっていうか8号さんが一番安定してないよ!」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:26:51.78 ID:fokVT2KKO
6は王子で育ちがいいはずなのに一番DQN口調


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:38:41.10 ID:r2zohVtu0
5「うん、とりあえず落ち着いて話そう」

1「そ、そうだな…すまん」

5「まず3号くんの魔王は1号くんのところだと大昔の存在なんだね?合ってる?」

1「ああ、それで勇者ロトがそいつを退治したんだ」

5「それで2号くんのところだと、1号くんの出身地はもう滅びている…」

2「はい、俺はその竜王のひ孫とも会いました」

5「…つまり我々はそれぞれ別の時代の勇者…もしくは冒険者だったんだよ!!」

7「な、なんだってーー!!」

6「それじゃあ俺も全員と何か関係してるとこがあったりするのか?」

5「そうだろうね…例えば僕の時代だと、勇者の証として天空の装備っていうのがあったんだけど…」

4「それ僕が持ってる!」

6「俺も持ってる!」

5「僕は持ってるけど装備できない!」

9「せつない」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:47:05.32 ID:r2zohVtu0
7「時代ごとの冒険者が集められたっていうのは分かったけど…」

5「うん、どうして集められたのかとかは分からないね」

3「とりあえずさ、この宿から出れないか試してみようぜ」

2「ドアや窓は開かないんだったね…ぜいやっ!」 ドゴッ

6「びくともしないな…剣で斬りつけてみたらどうだ!?」

2「ごめん、俺の装備おおきづちだから…」

8「俺は装備とスキルがブーメラン寄りだから…」

7「じゃ、じゃあ呪文を試してみようよ!」

6「そうだな!皆で一斉に…」

2「ごめん…俺…呪文使えないんだ…」

6「…すまん」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:48:43.34 ID:RoPfUZzJ0
2はスペックが戦士だからな・・


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 13:58:26.74 ID:r2zohVtu0
3「よし!とりあえず呪文使える組は全力で窓に叩き込むぞ!」

4「ギガデインを使えばいいのかな」

7「何でもいいんじゃない?とりあえず最強の呪文使えば…」

9「でも狭い部屋の中でやると大変なことになりそうだよ」

5「あらかじめマホカンタをかけておくよ」

3「よっしゃ!それじゃ行くぞ!5、4、3、2、1っ!」

「「「「ギガデイン!!!」」」「ベギラマ!」」

グァァッッ…ホッ゙シュウウウウウウウウ……

7「呪文が…壁に吸い込まれた!」

3「いや、ちょっと待て、そんなことより」

9「今ベギラマ唱えた人いたよね、ウケるとでも思ったのかな?」

1「う、うるせええええええええ!!なんでも良いって言ったじゃん!!!」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 14:06:30.78 ID:r2zohVtu0
3「アレフガルドがいつ滅びたんだよ…ストーリーも覚えてないのにスレ立てんなよ」

2「ごめん、街と城が一体化してただけだったね」

8「そこ、サボるなよ!」

3「だって壁も壊れないし最後の鍵も使えないんだぜ!お手上げだろ!」

7「土を掘って外に出るっていうのは?」

6「そもそも土が掘れないんだよなあ…何だこれコンクリか?」

1「へいへい…どうせ中途半端な魔法戦士の俺には何もできませんよ…」

5「みんな疲れてるね…今日はひとまず休もうか」

3「だな…まあ一月分ぐらいの食料はあるわけだし」

1「そうさ…起きたら全部夢なんだ…昨夜はお楽しみでしたねって言われて普通に…」

9「大分きつくなってるなあ…」


一日目 終了



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 14:08:36.75 ID:RU1tE79B0
そして夜はショタ5主がレイプされるんですね


関連記事
[ 2010/07/02 12:55 ] <★2ch> 2ch(ゲーム) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://46492121.blog106.fc2.com/tb.php/109-17b5eb66