スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫が7年の時を旅する伝説 第3話

172くい ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 23:13:06 ID:gVQ99X1g

  _________________________
../
|   ファイル選択
| ________________________
| 「 ____________________
||「ファイル1・=・やる夫                |
|| ===== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||「ファイル2・|
|| =====
||「ファイル3・|
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「 コピー  |
|| =====
||「 消 す  |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「オプション |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\__________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



173くい ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 23:13:23 ID:gVQ99X1g

 _________________________

|   ファイル選択
| ________________________
| 「 ____________________
||「ファイル1・=・やる夫                |
|| ====^ ^  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
||「 .000  命命命命                   |
||| 緑                             |
||L____________________」
|| 
|| _____
||「 は い  |
|| =====
||「 やめる  |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||
\__________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



174くい ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 23:13:39 ID:gVQ99X1g

                  _ ,  -───- . 、
                ,. ´/         ヽヽ
             __/ /   -―- 、    i 〉
          ,. ´/   /,  ´  , =ニ.`   ノ'´
     「 ,ニニ. 、 l  /   〃   _∠ニニ _ `ヽ、
     l {  `ヾヽ.     ′   、      `ヽ、 \
    `、`、 , -―`\    ‐== 、ヽ、         \
.      ヽヽ-           ̄`ヽ、             \     ,
.     /`、`、     /          \  \        ̄ ̄{
     {   ヽヽ         r        ヽ   \        /
.     V   ヽ 、 l /   ! |   、  `、 、 `ー―z‐   /
.    /     `i\!    |、! | ゙   :  ヽ、 ーく  / .イ
     ′ ,    l ! l l    l | ヽト、 _、_|  l 、 ! \  \ ̄/
    l  .1   , -l‐|弌ぃ 、 | _|斗匕\\|` ,|`、l    ̄ /
    | '| { , j斗宍心 、 、 | ア了心ミト /!| ハl ヽー=´ッ′
    |, l  ! l ぃ、う以 い 、ヽ _乞zイ /  jハi ノーz'´
    || '. |  、i      } `\     /イ/  /iノ / ト、l
.   ヽl  ヽト、`、 ヽ、  ノ     ヽ   /  / rij゙ {、'、 `
    ‘、   l ヽl 、ト、            // ' / | |、ヽ``
.     \ 丶  `l \   `、 ̄ ̄´ノィ/    ! ハⅥ`ー─ァ
               > 、     _/イ    _レ //∧ ニニ=-、
            ,. ´,  `‐ェ‐ ´  __/ ノ ///  L _ \___ノ
          ,. ´,. ´   j`ニニニニl l l//,. /   /  L_ ー<
         / /     └、 ___ ヽl///, ゙   /     `ヽ、 \
        rく|  ハ      /l「 ̄ ̄/l//    ,
      '  l / ‘、_    /  ノ    「`く l   /
     /  ∨ //  /         |   ! l  /        Now Loading...



175くい ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 23:20:00 ID:gVQ99X1g

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ハイラル平原だお
  |     |r┬-|     |     
  \      `ー'´     /





     _      _
     |\         /|
       \   /
     γ⌒ヽγ⌒ヽ
     ,,( ・ )( ・ )、   やる夫、上を見るのじゃ
     l::::`ー"∧`ー"::::l
    /:::::::   ▽   :::::ヽ、
  ノ::::::::ノ::.     .:::ヽ、::::` 、
   ̄ ̄ヽ、::::..   ..:::::::ノ ̄ ̄
        ̄ 目 ̄ ̄
        ∠凵ゝ



176くい ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 23:20:25 ID:gVQ99X1g

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \    ハイラルのお姫様にこの
|       (__人__)    |    森の精霊石を渡さなきゃいけないんだお
/     ∩ノ ⊃  /  
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /



     _      _
     |\         /|
       \   /
     γ⌒ヽγ⌒ヽ
     ,,( ・ )( ・ )、   ワシはケポラ・ゲポラ……あ、あれ?ちょっと?
     l::::`ー"∧`ー"::::l
    /:::::::   ▽   :::::ヽ、
  ノ::::::::ノ::.     .:::ヽ、::::` 、
   ̄ ̄ヽ、::::..   ..:::::::ノ ̄ ̄
        ̄ 目 ̄ ̄
        ∠凵ゝ




にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
スポンサーサイト

やる夫が7年の時を旅する伝説 おしらせ

156 ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 01:48:15 ID:gVQ99X1g


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     皆さんこんばんわ、やる夫です
   /  (●)  (●)  \.    
   |    (__人__)    |  
   \    ` ⌒´    /
   /              \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  やらない夫です
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }     
.  ヽ        }         
   ヽ     ノ    
   /    く  \     
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、



157 ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 01:49:30 ID:gVQ99X1g


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     今回の話から、作中に年号が用いられる事になりました
   /  (●)  (●)  \.    
   |    (__人__)    |  
   \    ` ⌒´    /
   /              \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  へえ、どうして?
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }     
.  ヽ        }         
   ヽ     ノ    
   /    く  \     
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、



158 ◆tOy.Mum4LI:2010/12/19(日) 01:50:54 ID:gVQ99X1g


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     実はこの物語の作者は、漫画家を目指していた者です
   /  (●)  (●)  \.
   |    (__人__)    |     しかし挫折してしまいました。よくある話です
   \    ` ⌒´    /
   /              \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   それとどんな関係が>?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     
.  ヽ        }         
   ヽ     ノ    
   /    く  \     
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、




にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!

やる夫が7年の時を旅する伝説 第2話

79 ◆tOy.Mum4LI:2010/12/03(金) 23:03:55 ID:NmjNoV1I

  _________________________
../
|   ファイル選択
| ________________________
| 「 ____________________
||「ファイル1・=・やる夫                |
|| ===== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||「ファイル2・|
|| =====
||「ファイル3・|
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「 コピー  |
|| =====
||「 消 す  |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「オプション |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\__________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



80 ◆tOy.Mum4LI:2010/12/03(金) 23:04:26 ID:NmjNoV1I



 _________________________

|   ファイル選択
| ________________________
| 「 ____________________
||「ファイル1・=・やる夫                |
|| ====== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
||「 .000  命命命                    |
|||                               |
||L____________________」
|| 
|| _____
||「 は い  |
|| =====
||「 やめる  |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||
\__________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



81 ◆tOy.Mum4LI:2010/12/03(金) 23:06:23 ID:NmjNoV1I

                    , r==ー-
             , -─‐メx
           /     ´⌒ Y⌒ヽ
           ,ィ´/-‐/,/ / /l!⌒ヽ \
     // / /゙´ /∧/ / / l\  \ 〉、
     ' 〃 / //^/∧// l/|  |  ヽ`ヽ、 `ー - 、                   マ=ィ=x、
      j!   ル'´/〃 //'⌒ ト l  |    Y ヘ`ヽ、\ \                     マ=/ /  \
      / / /レ'/ィ行ト、  ヽト、   リ 〉  ! \ヽ 、                マ=/ /  ,/=マ
     /∧ ヽ.r∧k| 弋ソ    ィ行ト、 〃j /`ヽj、  〉ハ 〉               ノ/  /=マ
      ! l ∨ j{  ゙ム""   , 弋,ソ /人//!ヽ. ハハ /                     /><.>'=マ
        ソ乂._八   (`ヽ  ""/乂   ヽ.} /)イー ─ - - ─-----─ァ⌒j/></
           ∠\\ _´ ,... イ\.::`ヽ. ,ル'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃 ,不ヽ>ーゥ
           j´.:.:.:.:`\`Yヾ-x、.:.:\ヽ.:.:レ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: jl/><(ヽY´
           人.:.:.:.:.:.:.:.:.:`{{、}}ノノ.:ヾノヽ 、_.:. -‐―ー--――――゚、.:/></一 '
        {.:.::` ー.:.:_.:.Ⅶノハヾx..:く´ \、                 /></
          乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヽ.:))::゛::ヘ   ヾ、          /></
         入.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \():.ノ   \、 ........_    /></
           ヽ:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`\  ,ィ'´ x‐。 ヽ /></
              ∨ヽ.:.:`.:‐.:、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i/  ゝィ  /></
             ∨ ',.:.:.:.:.:.:.:^.:ー-.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   X./></
            ∨j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ():.ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:゙</></ ||
.              ∨.:.:.:.:.:.:.: ,xr<゛  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:X >   入_,、
          , <.:∨.:.:.:,x/       `>、゚。.:.:,//⌒又    ノ
         <.: /.:.:.:.:.∨://       。 く./X ヽ.:」厶    ㍉ ィ"
          /.:ヽ、.:.:.:.:ト.ィ′     (o、/><></ ゚ \   了
.          〃//\.:.:.||j      `ヽヾx´/ ゚、 。 /ゝ、 孑
       ∧/.:.:.:.:.:/\!!!          ヽo)   \ /   `'
    r― /.:/.:.:.:.:.:.f.:.:.:.:爪              `}
    j//.:/.:.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.∧           (o) (o) リ
   <.:く:<:「`ヽ.:.:.:.:|.:.:ヽ|.:.:心       (o) (o)   /
      ̄ l  ` ー 、.:.:.!.:.:|.:|ヾト、          /
,r=x     !      ヽ!.:.:!.:|.:.:.:.:.:>ー--x‐ ' ´
!{/⌒ヽ._ {       l ` ー‐<      ', ,ィ=.、
!l{     `',         !    ∨       'k.:.:..:)
》`¨ヘ、   ∧       l      ∨      ト、ヽ|
!.:.:.:.:.〈\  |        j.       ∨    人 Y.:!
ゝ、__,ノ  \!      ,'        ∨     /.:.}
         \    /        ∨   ∠..ノ           Now Loading...
           ` 一 '´         ` 一 '



82 ◆tOy.Mum4LI:2010/12/03(金) 23:12:56 ID:NmjNoV1I


  デクの樹サマの中
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     いざ出陣だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |           待て待てまてー!>
  \      `ー'´     /






           ( ⌒ ⌒ )
          (     )
          (、 ,   ,)
            || |‘

        / ̄ ̄ ̄ ̄\
        l ∨∨∨∨∨ l
        |   \()/   |
        (| ((・) (<) |)     お前ばっかりにイイカッコさせないぞ!
        |    ⊂⊃   |      ちくしょう、デクの樹サマもサリアも、
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |      どうしてこのミド様じゃなくてこんな奴を……
     / |. l + + + + ノ |\     ブツブツ……
    /   \_____/  \  
  /   _              \
 // ̄ ̄(_)               |
 |ししl_l  (            |    |
 |(_⊂、__)            |    |
 \____/              |    |




にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!

やる夫が7年の時を旅する伝説 第1話

1 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:03:35 ID:rptRKANg
  _________________________
../
|   ファイル選択
| ________________________
| 「 _____
||「ファイル1・|
|| =====
||「ファイル2・|
|| =====
||「ファイル3・|
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「 コピー   |
|| =====
||「 消 す   |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「オプション |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\__________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



2 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:03:58 ID:rptRKANg

 


  _________________________
../         _________
|   名前入力 |やる夫         |
|           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ________________________
| 「
||あ か さ  た な は ま や ら わ ぁ ゃ っ
||い き し  ち に ひ み    り    ぃ
||う  く す  つ ぬ ふ む ゆ る を ぅ ゅ ー
||え け せ て ね へ め    れ    ぇ    ゛
||お こ そ  と の ほ も よ ろ ん ぉ ょ ゜
|| ______  ____  ___  __  ___
|| |ひらがな||カタカナ| |英数||←||END |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄   ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
\_________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



3 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:04:15 ID:rptRKANg


  _________________________
../
|   ファイル選択
| ________________________
| 「 ____________________
||「ファイル1・=・やる夫                |
|| ===== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||「ファイル2・|
|| =====
||「ファイル3・|
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「 コピー  |
|| =====
||「 消 す  |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|| _____
||「オプション |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\__________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



4 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:04:39 ID:rptRKANg



 _________________________

|   ファイル選択
| ________________________
| 「 ____________________
||「ファイル1・=・やる夫                |
|| ====== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
||「 .000  命命命                    |
|||                               |
||L____________________」
|| 
|| _____
||「 は い  |
|| =====
||「 やめる  |
||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
||
\__________________________

     Aボタンで決定・Bボタンで戻る



5 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:04:55 ID:rptRKANg





ハイラル王国に 広がる 深き森…

その森を 守る続けてきた ワシを、
人は デクの樹と 呼んでおった…


6 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:05:14 ID:rptRKANg


/`ヽ                           イ
{  弋__             人            `ヽ!    この森には コキリ族という
ヽ     `ヽ     r~′  ̄`ヽ           }     者たちが 住んでおる。
  `ー┐   乂__rf }       ゙tへ.   /    /
      ゙`ヽ_ノ、i  |           !、`ー'    /
             `ー-| r 、 r 、    |んへ_ノヒノ       彼らは それぞれ
                | | | |. |   |            自分だけの 妖精を 持っておった。
                | ゝノ ゝノ   レ'「 }
            r ┴―       /
            └┬─       ,イ             じゃが… たった ひとりだけ
              | r 、     |             妖精を持たぬ少年がおったのじゃ…
              | ||       |
              | ゝノ       |
              |           !
          r二ソ        `ヽ
            {__ノ ̄`ヽ_厂`ヽ_}



7 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:05:49 ID:rptRKANg



ナビィ…
妖精ナビィ、どこじゃ…
ここへ おいで…


8 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:06:14 ID:rptRKANg


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  呼んだかい、
  |     ` ⌒´ノ   デクの樹サマ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、



9 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:07:40 ID:rptRKANg




/`ヽ                           イ
{  弋__             人            `ヽ!    おお、妖精ナビィ…
ヽ     `ヽ     r~′  ̄`ヽ           }     この ワシの… デクの樹の
  `ー┐   乂__rf }       ゙tへ.   /    /       言葉を 聞いておくれ…
      ゙`ヽ_ノ、i  |           !、`ー'    /
             `ー-| r 、 r 、    |んへ_ノヒノ       お前も 感じておろう?
                | | | |. |   |            この世に満ちた 悪しき力を…
                  | ゝノ ゝノ   レ'「 }
            r ┴―       /
            └┬─       ,イ             今、ハイラルは その力に
              | r 、     |             飲み込まれようとしておる…
              | ||       |
              | ゝノ       |
              |           !
          r二ソ        `ヽ
            {__ノ ̄`ヽ_厂`ヽ_}



10 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:08:41 ID:rptRKANg

     (
     (    ノ
      (ト人 人  人
      (  \ \ トイVト   ノ
       人 _ ノ `  ;;ノノ人ノ
        ヽ|    ;;人 ノ   この コキリの森は、命の源…
         |∩ ∩ ;( ノ     人の侵入を こばむことで
         |∪ ∪ ;;|       外の世界をも 守ってきた…
         ⊂ニニ  ;;|
         | ∩  ;;|         しかし…
 . .命の源  | ∪  ;;|       この 強大な 悪しき力の前では
   ヽ∧/   |     ;;|       今のワシは まったくの無力…
   |∵;|    |     ;;|
   ムへN  / / |ヽ\



11 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:09:04 ID:rptRKANg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  ジジィも歳取ったもんな
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         







どうやら あの 妖精を持たぬ子が
立たねばならぬ時が 来たようじゃ。

あの子こそ、このハイラルを
善き方向へ みちびく者…



12 ◆6ngK9o9r..:2010/11/29(月) 00:09:37 ID:rptRKANg
さあ、ナビィよ…
あの子を ここへ いざなうのじゃ…

ワシに 残された時は
もう・・多くはない…

たのんだぞ…

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)    ゲッ
  |     |r┬-|     よりによってあいつかよ
.  | ι   `ー'´}    
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、




にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。