スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【サッカー】日本代表監督候補ザッケローニ氏、15年前にカテナチオで有名なイタリアで大胆な攻撃的戦術導入、一方すでに過去の名将の声も

1:リーガφ ★:2010/08/30(月) 14:52:04 ID:???0

ザッケローニ氏 カテナチオと対照的大胆戦術 ただ気になる声も

イタリア出身のザッケローニ氏だが、カテナチオ(堅守)で知られるイタリア代表の戦術とは対照的に、これまで指揮したクラブでは大胆で攻撃的な戦術を導入している。
30歳で指導者のキャリアをスタート。95年から指揮したウディネーゼでは、当時イタリアでは革新的だった3―4―3を導入した。
3トップの中央には長身FWを置き、両ウイングなどサイドからのクロスで多くのチャンスをつくった。
98年に就任したACミランでも同じ3―4―3を採用し、当時のベルルスコーニ会長からは4バックに戻すことを命じられたが、信念を曲げることなく3バックを貫いた。

その後は4―3―3など選手構成に応じて4バックも採用しているが、3トップとサイドを有効に使う戦術はほとんど変えていない。
06年のトリノ監督時代には大黒(現FC東京)を指導した経験もあり、日本人選手の特徴もつかんでいる。
ただ、ミランでの優勝以降、目立った結果を出していないため、イタリアでは“過去の名将”との声も聞かれる。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100830054.html

関連スレ
【サッカー】日本代表新監督に前ユベントス監督のアルベルト・ザッケローニ氏!すでに極秘来日・30日にも正式発表へ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1283116737/
【サッカー/代表】代表監督は超大物!ペケルマン氏と合意
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1283130787/


2:名無しさん@恐縮です:2010/08/30(月) 14:52:31 ID:LcYXffpv0

どっちだよ


にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
スポンサーサイト
[ 2010/08/30 22:40 ] <★2ch> 2ch(スポーツ) | TB(0) | CM(0)

現役サッカー選手でベストイレブン考えようぜ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:55:23.57 ID:MzvI9iu/0

とりあえずメッシは確定?


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/13(金) 23:59:57.14 ID:iUq6NGnsO

監督はマラドーナ


にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
[ 2010/08/14 01:23 ] <★2ch> 2ch(スポーツ) | TB(0) | CM(0)

【サッカー】日本代表監督候補・ペケルマン氏「日本からのオファーは過去になかったし、現時点でもない

1:臣亮言φ ★:2010/07/30(金) 18:46:53 ID:???0

日本からのオファーなし 代表監督候補ペケルマン氏


【リオデジャネイロ共同】
サッカー日本代表の岡田武史監督の後任候補として名前が挙がっている
元アルゼンチン代表監督のペケルマン氏が29日、共同通信の電話取材に対し、
「日本からのオファー、接近は過去になかったし、現時点でもない」と語った。

日本協会では原博実強化担当技術委員長が海外に渡り、人選作業を進めている。
ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で現地滞在中には、代表監督就任について
「2、3カ国から公式な接近を受けた」と明かしたが、「日本からのアプローチはなかった」と話した。

日本から申し出があった場合については「実際にオファーがないので、コメントできない」と話すにとどめたが、
南ア大会でベスト16進出を果たした日本の成長は高く評価していた。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100730-00000041-kyodo_sp-spo.html


にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
[ 2010/07/30 19:27 ] <★2ch> 2ch(スポーツ) | TB(0) | CM(0)

日本サッカー協会、人事巡り権力闘争 小倉純二副会長の会長昇格 犬飼会長まさかの電撃交代、1期2年の短期政権

1:臣亮言φ ★:2010/07/24(土) 11:11:56 ID:???0

犬飼会長まさかの電撃交代 人事巡り争い


日本サッカー協会トップが電撃交代する。
役員改選を控えた日本協会は23日までに、小倉純二副会長(71)の会長昇格人事を固めたことが分かった。
25日の評議員会での承認を経て、新理事会での互選で正式に決まる。任期満了の犬飼基昭会長(68)は
1期2年の短期政権に終わり、このままサッカー協会を退会する見通し。W杯南アフリカ大会でベスト16入りを果たし、
日本サッカー界は上昇機運をつかみつつあっただけに、内外に大きな波紋を呼ぶ電撃人事となった。

まさかのトップ交代劇となった。
犬飼会長はこの日都内の協会に姿を見せず、午後2時からの常務理事会では、
小倉副会長の会長就任が確認され、犬飼体制の1期2年での終わりが決まった。

W杯での好成績とは対照的に、役員改選へ協会内は早くから足並みが乱れていた。
14日に予定されていた次期役員候補推薦委員会(以下推薦委員会)は、選出方法に異論を訴える声に押されて中止。
22日にようやく1回目が開催された。

その背景には選出方法への疑問と同時に、協会上層部が犬飼会長に対抗する運動があった。
犬飼会長の2期目を支える推薦委員会の委員長・川淵三郎協会名誉会長に、田島専務理事は選挙の実施を強行に訴えた。
本来、一致団結すべき時期に権力闘争に時間を費やした。

一方で理事(25人)による無記名投票での結果が一部に漏れ、得票数が伸びなかった犬飼会長の続投を疑問視する動きもあった。
こうした状況を打開するため、推薦委員会はFIFA理事を務める小倉副会長の昇格で混乱終息を図った。

犬飼会長は08年7月からこれまで、育成面の充実を柱に、若年層の指導者養成へ、スペインなど強豪国との交流を推し進めてきた。
歯に衣(きぬ)着せぬ発言で批判を浴びたこともあったが、着実に日本サッカーの底辺を強化することに努めてきた。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20100724-657373.html

3:臣亮言φ ★:2010/07/24(土) 11:12:47 ID:???0

>>1の続き

また、W杯では解任論が相次いだ日本代表岡田監督を最後まで支え、ベスト16快進撃を陰で支えた。
22年W杯招致に名乗りを上げ、積極的な招致活動を欧州、南米で展開。
サッカー強豪国での人脈も築いてきたなかでの交代だった。
22日にはあいさつに訪れた岡田監督に「この部屋も片付けないとな」と言い、会長交代を覚悟していた。

今後、日本協会としては代表の後任監督人事が急務となる。
監督人事の後ろ盾になるはずの協会トップが、短期で代わるのは最悪のタイミングと言える。
日本協会はもっとも大切な時期に、大きな代償を払う人事を選択した。


にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
[ 2010/07/24 11:57 ] <★2ch> 2ch(スポーツ) | TB(0) | CM(0)

スポルティング松井誕生へ!完全移籍決定的

1:デニウ損▲φ ★:2010/07/23(金) 07:30:02 ID:???0

グルノーブルの日本代表MF松井大輔(29)が、ポルトガルの強豪
スポルティング・リスボンに複数年契約で完全移籍することが22日、決定的となった。
複数の関係者によれば、条件面などで大筋合意に達し、移籍金を含めた
クラブ間交渉が合意すれば近日中にも正式発表される見通し。
松井はこの日、移籍の話し合いを進めるため成田空港発の航空機でフランスへ向かった。

日本が誇るファンタジスタが、新天地にポルトガルを選んだ。
同国リーグ優勝18回、カップ戦優勝19回と輝かしい実績を持つ名門スポルティング・リスボン。
フランス2部に降格したグルノーブルとの契約を今季以降も残すため、
今後クラブ間交渉が合意すれば、晴れて「リスボン松井」が誕生する。

今月に入り、松井争奪戦はし烈を極めた。W杯での活躍を受けて“松井株”が急騰。
関係者によれば、スペインのラコルニャ、フランス国内ではリール、
バランシエンヌがグルノーブル幹部と交渉を持ったという。
そんな中、今季のポルトガルリーグ制覇と来季の欧州CL出場を見据えて選手層拡大を目指し、
松井を高く評価するスポルティング・リスボンから正式オファーが届いた。

日本でのオフを終えた松井はこの日、渡欧した。
まずはグルノーブルに戻り、今後について代理人を含め最終会談する。
新天地については「自分が一番輝ける場所、成長できる場に身を置きたい」と明言を避けたが、既に心は固まっている。
圧倒的な技術を持つ松井が輝ける場所――C・ロナウド、フィーゴら世界有数のドリブラーを
その下部組織から輩出した、スポルティング・リスボンこそが最適の場だった。

これまで松井は6年間をフランスで過ごし、欧州でも一定の評価を勝ち得たが、半面、優勝などタイトルとは無縁。
スポルティング・リスボンは常に優勝を争う「ポルトガル3強」の一角で、今季の欧州リーグにも出場する。
「新天地でもみんなを感動させたい。自分の経験を代表にも還元させたい」。松井が欧州屈指の名門でさらなる飛躍を遂げる。

■ソース
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/07/23/02.html




4:名無しさん@恐縮です:2010/07/23(金) 07:31:11 ID:AqnQi+9s0

去年4位。名門といえど、ここ9年は優勝から遠ざかる。
しょぼいな


にゃんてな! ←他のやる夫記事を確認したいならこのアンテナ!!
[ 2010/07/23 11:20 ] <★2ch> 2ch(スポーツ) | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。